ヒストリア(歴史のネタ)

まさかまさか自分がblogを始めるとは・・・(苦笑)。 授業に使えそうな「歴史のネタ」を中心に書いていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本能寺の変の唯一の生存者とは?.txt

信長に仕えた黒人の弥助(ヤスケ)

元々は宣教師アレッサンドロ・ヴァリニャーノに仕える奴隷であったと言われている。天正9年(1581年)、ヴァリニャーノが信長に謁見した際に連れられていたのが信長の目にとまった。
信長は最初、肌の黒さが信じられず彼が身体に何か塗っているのかと思い、2月の寒空の下でたらいに入れて家来に体を念入りに洗わせたが肌が黒いままだった。肌の色の黒い人種がいることを理解した信長は彼に興味を持ちヴァリニャーノへ要望して献上させ、そのまま直臣になったと伝えられている。
直臣になった当時の年齢は26、7歳、身長は6尺2分(約182.4cm)と長身であったという。一説によればヤスケは宣教師の奴隷のときには人間扱いされていなかったが信長は彼を「ヤスケ」と名づけ、武士の身分を与えて家臣とし衣食住不自由がないように取り計らわれた。
ヤスケはこの信長の対応に大いに感謝し、忠実に仕えたと言われる。
本能寺の変では、明智光秀の兵と戦い多くの敵を倒したとしている。最終的に陥落直前に信長から脱出するよう命じられたと言われる。また織田信忠が二条御所で奮戦した際、ヤスケも戦ったという。
本能寺家の変後に光秀の手勢に捕まったが、ヤスケを「人間ではない」として殺さず「インドのバテレンのもとに送るように」と命じ、そのまま放逐したとされているため、その後の消息は不明である。

ルイス・フロイスの『日本史』では、「(午前3時頃と言われる)明智の(少数の)兵たちは怪しまれること無く難なく寺に侵入して(6月2日に御所前で馬揃えをする予定であったのを織田の門番たちは知っていたので油断したと思われる)、信長が厠から出て手と顔を清めていたところを背後から弓矢を放って背中に命中させた。直後に信長は小姓たちを呼び、鎌のような武器(薙刀)を振り回しながら明智の兵達に対して応戦していたが、明智の鉄砲隊が放った弾が左肩に命中した。直後に障子の戸を閉じた(火を放ち自害した)」とかなり
詳細にその様子を表現しており、これは唯一の生存者であった弥助が近くの
南蛮寺にいた宣教師たちに語ったことかもしれない。

『ラストサムライ』の主人公のモデルとなったフランス人とは?.txt

トム・クルーズが演じる主人公ネイサン・オールグレンのモデルは、江戸幕府のフランス軍事顧問団として来日し、榎本武揚率いる旧幕府軍に参加して箱館戦争(戊辰戦争(1868年 - 1869年))を戦ったジュール・ブリュネ。物語のモデルとなった史実には、西郷隆盛らが明治新政府に対して蜂起した西南戦争(1877年)や、熊本の不平士族が明治政府の近代軍隊に日本の伝統的な刀剣のみで戦いを挑んだ神風連の乱(1876年)が考えられる。

★ジュール・ブリュネ(Jules Brunet, 1838年1月2日 - 1911年8月12日)★
フランス陸軍の士官で、江戸幕府陸軍の近代化を支援するため派遣されたフランス軍事顧問団の一員として来日し、榎本武揚率いる旧幕府軍に参加した。
①経歴
1838年1月2日、フランス東部アルザス地方のベルフォールに生まれた。エコール・ポリテクニーク(理工科学校)を卒業後、陸軍士官学校、陸軍砲兵学校を卒業し、陸軍砲兵少尉に任官した。その後砲兵中尉としてメキシコ戦争に出征し、レジオンドヌール勲章を受けた。
②軍事顧問団
ナポレオン3世は開国した日本との関係を深めるため、第15代将軍・徳川慶喜との関係を強め、1866年に対日軍事顧問団を派遣することを決めた。ジュール・ブリュネはシャルル・シャノワーヌ参謀大尉を隊長とする軍事顧問団の副隊長に選ばれ、フランス陸軍砲兵大尉として1867年初めに日本に到着した。軍事顧問団は横浜大田陣屋で幕府伝習隊を1年以上訓練したが、1868年の戊辰戦争で江戸幕府は明治新政府軍に敗北することになる。フランス軍事顧問団は勅命によって新政府から日本からの退去を命令されたが、ブリュネらフランス軍人は残留を選択し、フランス軍籍を離脱した。彼らはイタリア大使館での舞踏会の夜に脱走し、榎本武揚率いる旧幕府艦隊に合流、箱館戦争に従軍した。シャノワーヌ隊長は参加しなかった。
③箱館戦争
ブリュネは、箱館で江戸幕府の海軍副総裁であった榎本武揚を総裁とする蝦夷共和国(箱館政権)の創設を支援した。ブリュネは陸軍奉行の大鳥圭介を補佐して箱館の防衛を軍事的に支援し、4個の連隊はフランス人士官(フォルタン、マルラン、カズヌーヴ、ブッフィエ)を司令官としていた。1869年6月、五稜郭に立て籠もる800人の箱館政権軍を8,000人の明治新政府軍が攻撃し、五稜郭は陥落、総裁・榎本武揚らは新政府軍に投降する。フランス人らは陥落前に箱館港に停泊中のフランス船に逃れた。
④名誉回復
ブリュネは裁判のためフランスに送還されたが、折りしも1870年に普仏戦争が勃発して軍に復帰することを許された。セダンの戦いでプロイセン軍に包囲されたフランス軍はナポレオン3世以下全軍降伏し、ブリュネも捕虜となったが、間もなくフランス政府が講和を結んだため、釈放されてパリ・コミューン鎮圧に参加した。その後の詳しい経歴は不明だが、1898年には戦争相となっていたシャノワーヌの下でフランス陸軍参謀総長にまで登りつめている。
また、日清戦争では日本軍の上陸を支援し、シャノワーヌとともに明治政府から勲二等旭日重光章を授与されている。これは外国人に授与される勲章としては最高位のものであり、明治政府の閣僚となっていた榎本武揚の上奏があったと言われる。1911年8月12日にパリ近郊の自宅で死去。

『ワールド・オブ・ライズ』.txt

昨日、『ワールド・オブ・ライズ』 を観た。監督はR・スコット。
出演:レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ
同じCIAを描いた作品の「スパイ・ゲーム」や「リクルート」などと比べる
と、斬新さに欠け、見劣りする内容。尤もそれは好みの問題かもし
れないのだが・・。
ただ、この作品で描かれる米軍のハイテクを駆使した軍事技術は
圧巻。
監督のリドリー・スコットはインタビューで次のように述べている。

『イラクの上空には350機もの無人偵察機プレデター
(RQ-1 Predator)が存在する。おそらくイランやアフガニスタンも
同じ状況だろう。
それらが4~6時間くらい上空を飛び、そのレポートがラスベガス
近くの軍事施設に届くのだ。
地上6500mのプレデターは、地上にいる誰かのポケットに入った
小銭の音まで感知することができる。』

★プレデター(RQ-1 Predator)とはアメリカ空軍の中高度用長距離UASV要求を受け、ジェネラル・アトミックス社が開発した、無人偵察機(UAV)である。
12000メートル上空を30時間連続で飛行でき、人工衛星を経由することで、アメリカ本土から操作することも可能であるが、本機の操作にはGCS(地上誘導ステーション)が必要である。
武装バージョンのMQ-1 Predatorには、AGM-114ヘルファイアミサイル2発が搭載可能。また自衛用の対空装備としては、スティンガーの搭載が可能であり、既に2003年3月イラクにおいて、スティンガーを搭載した本機がMiG-25と交戦している。この時は、スティンガー・ミサイルは命中せず、MiGにより撃墜された。なおこれは、お互いに対空兵器を装備した有人機と無人機による初めての空中戦とされる。
1995年から使用され、アメリカのアフガニスタン侵攻、コソボ紛争、イラク戦争、イエメン、パキスタンでの戦闘でも使われた。2004年末からはイタリア空軍でも使用されている。
日本の航空自衛隊では、ミサイル防衛システムや離島防衛、領海監視などの用途で滞空時間の長いUAVを必要としている。航空自衛隊は2007年度からこの種のUAVを導入することを計画し、このRQ-1 Predatorも導入候補のひとつとして挙げられていたが。計画自体が中止されてしまった。
本機の改良型であるMQ-9 リーパーが2007年から配備されている。

「沈まぬ太陽」渡辺謙主演でついに映画化

ついに「沈まぬ太陽」の映画化が決まったようです。公開は来年秋。
以下、日刊スポーツのサイトより引用

「沈まぬ太陽」渡辺謙主演でついに映画化
 映像化不可能と言われた大作がついに動きだす。航空会社を舞台に、会社と闘い続けた男を描いた山崎豊子さん原作の長編小説「沈まぬ太陽」が、渡辺謙(49)主演で映画化されることが8日、分かった。これまで何度もドラマ化、映画化の話が持ち上がったが、世界中での撮影が必須という大スケールの物語だけに、何度も頓挫してきた。メガホンは「ホワイトアウト」で知られる若松節朗監督が取る。総製作費は20億円。来年1月にイラン・テヘランでクランクインする。
 渡辺は「いよいよ『沈まぬ太陽』という大作に取り組むことになりました。これまで何人もの製作者が挑み、果たし得なかった作品と聞いています。全身でこの大作に挑み、しっかり体感したい」とコメントした。国民航空(NAL)社員として、空の安全を求め闘った主人公の恩地元を演じられるのは渡辺しかいないとキャスティングされただけに、意気込みは大きい。すでに、年明けの撮影に向け、肝炎やマラリアなどの予防接種を受けるなどして準備を進めている。
 渡辺が言うように、いくつもの企画、監督、俳優が挙がっては消えた。若松監督は「魔物です。手を付けてみて、多くの人がこの山を登れなかった理由が分かりました」と話した。文庫本で5冊の長編。主人公は報復人事として、カラチ、テヘラン、ナイロビと海外を転々とさせられるため、海外ロケが必須。さらに、85年の日航ジャンボ機墜落事故が重要な要素で、壮大かつ慎重に描かなければならず、予算も膨大になる。今回は角川映画と東宝の共同製作で、総製作費は、日本映画としては最大規模の20億円になる。
 壁はまだある。原作で描かれる国民航空は日本航空(JAL)、主人公の恩地も実際の社員がモデル。JALの反発は強かった。94年に週刊新潮で連載が始まったが、機内では同誌を取り扱わないなどの措置を取った。映像化された場合にはさらに反発を招く可能性も高い。
 しかし、原作者の山崎さんは「映像化なしには死ねない。大企業のあり方を描いてほしい」と製作陣を後押しした。若松監督も「逃げずにやりたい」と、妥協はしない。JALの鶴丸マークを思わせる、桜のマークの機体も登場するという。ただ、いたずらに大企業vsサラリーマンをあおるのではなく、家族や昭和に生きた1人の男を丁寧に描くつもりだ。
 上映時間は「3時間20分くらいになるかも。休憩を挟むかどうか」(若松監督)。同期社員の行天四郎や堂本社長、国見会長ら、主要登場人物のキャスティングは今後明らかになる。映画ファンが待ち望んだ大作が動きだした。来年秋公開。
 [2008年12月9日7時49分 紙面から]

プロによる映画批評サイト「映画ジャッジ」.txt

このサイトを知人に教えてもらい、すぐにブックマークに追加した。
このようなプロによる映画のレビューが無料で読めるなら、雑誌が廃刊していくのも頷ける。
なにより、複数の映画批評家の方が映画をレビューしているのがいい。
更新の頻度も多そうなので、これから映画やDVDを見る前にチェックしよう
と思う。
映画批評サイト「映画ジャッジ!」http://www.cinemaonline.jp/

P.S 独り言(That's my excuse,anyway)
ここ2ヶ月間、ほとんど更新が滞っておりました。
10月の北海道修学旅行引率に始まり、11月末の教育センターの研究員
としての研究授業と怒濤の2ヶ月で、気がついてみるともう師走(驚!!)
特に北海道は初体験だったので、非常に愉しい経験でありました。
今度は冬にスキー旅行で富良野に行ってみたい、と。富良野つながり
で現在フジ系で放映中の「風のガーデン」も録画視聴。
ということで、2学期の成績入力が終わり次第、ぼちぼち更新をしていきたいと、
思っております。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。