ヒストリア(歴史のネタ)

まさかまさか自分がblogを始めるとは・・・(苦笑)。 授業に使えそうな「歴史のネタ」を中心に書いていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コロンブスが発見した島は現在のどこの国か?

答え「バハマ国」

先住民のアラワク族が定住していた土地に、1492年10月12日、コロンブスが到達。上陸した島をサン・サルバドル島と名づけた。
これがコロンブスによる新大陸の発見となる。コロンブスの開いたスペインからバハマのルートを通って、多くのヨーロッパ人がやって来ると、 島に居た先住民のインディオは強制労働やヨーロッパ人が持ち込んだ疫病などで死に絶えてしまった。16世紀には絶滅してしまったインディオの代わりにアフリカから初めて、奴隷として多くの黒人がバハマ諸島に連れて来られた。

☆バハマ Bahamas
西インド諸島北東部、キューバの北方に位置する立憲君主国。正式国名はバハマ国。イギリス連邦の一員である。アメリカ合衆国フロリダ州パームビーチの南東端からキューバの東端まで、800kmにわたって大小700の島々と2400近い岩礁がつらなるが、有人島は40ほどにすぎない。最西端のビミニ諸島は、フロリダ州マイアミから約97km東に位置する。面積は1万3939km2。人口は30万1790人(2005年推計)。首都は、ニュープロビデンス島のナッソー(21万4000人(1999年推計))。
経済上もっとも重要な島はニュープロビデンス島で、バハマの全人口(約85%が黒人)の半分以上がすんでいる。そのほかの主要な島には、アクリンズ島、アンドロス島、キャット島、クルックド島、エリューセラ島、グランドバハマ島、アバコ島、グレートイナグア島、ロング島、マヤグアナ島、サンサルバドル島(ウォトリング島)などがある。おもな都市に、グランドバハマ島のフリーポート(人口2万6574人(1990年))がある。

※生徒が映画を見せているときに、聞いてきた。恥ずかしながら
 答えられず、西インド諸島にあると咄嗟に返した(恥)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://historia1492.blog98.fc2.com/tb.php/93-72d97353
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。