ヒストリア(歴史のネタ)

まさかまさか自分がblogを始めるとは・・・(苦笑)。 授業に使えそうな「歴史のネタ」を中心に書いていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「新・世界の七不思議」が決定、京都・清水寺は落選

スイス人実業家ベルナルド・ウェーバー氏の呼びかけで、「世界の七不思議」と呼ばれる古代建築物に代わる「新・世界の七不思議」を選ぶインターネット投票の結果が7日、ポルトガルの首都リスボンで発表された。

21カ所の候補地の中から選ばれたのは、
①万里の長城(中国) ②ぺトラ遺跡(ヨルダン)
③コルコバードのキリスト像(ブラジル)
④マチュピチュ遺跡(ペルー)
⑤チチェン・イツァのピラミッド(メキシコ)
⑥ローマのコロッセオ(イタリア)
⑦タージマハール(インド)。

一方、最終候補まで残り、選から漏れたのは、京都の清水寺のほか、イースター島のモアイ像(チリ)やストーンヘンジ(英国)、アンコール・ワット遺跡(カンボジア)、ギザのピラミッド(エジプト)、アルハンブラ宮殿(スペイン)、パリのエッフェル塔(フランス)など。
ネット投票は米東部時間6日午後6時に締め切られたが、駆け込み投票の殺到でサイトが一時アクセス不可能になった。主催者によると、投票数は9000万票を上回り、得票数の多い候補地が6月上旬に公表されてからは投票ペースが倍増した。投票は1人当たり複数回可能だった。
ブラジルのルラ大統領やヨルダンのラニア女王など、候補地を抱える国の一部では、指導者が活発に投票を呼びかける動きもあった。しかし国連教育科学文化機関(ユネスコ)が「無関係」との声明を発表したこともあり、投票の認知度は今ひとつ上がらなかった。エジプトのギザのピラミッドは、新・七不思議に反対する地元考古学者の意見を踏まえ、主催者が新・七不思議から独立した「名誉的存在」に認定した。
発表式典は米アカデミー賞受賞歴を持つヒラリー・スワンクとベン・キングスレーが司会を務め、ジェニファー・ロペスやチャカ・カーンなどの有名芸能人が出演した。
スポンサーサイト

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://historia1492.blog98.fc2.com/tb.php/91-11084551
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。