ヒストリア(歴史のネタ)

まさかまさか自分がblogを始めるとは・・・(苦笑)。 授業に使えそうな「歴史のネタ」を中心に書いていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリストファー・コロンブス

1446?-1506年 スペインの王家に仕えたイタリアの航海・植民地行政者
1492年アメリカ大陸を発見し、ヨーロッパの新大陸進出の先駆となった。ジェノバ生まれと言うが、前半生は明らかではない。1478年からポルトガル海図作成に従事。フィレンツェの天文学者トスカリネリに影響され、東方航路は大西洋を西航することで可能であると主張、その大西洋横断によるインドへの航海計画は当時東方貿易のための新航路を求めていたスペイン女王イザベラの援助を受け、実現に移された。

-航海日誌-
1492年8月3日~1493年3月15日 <第1回航海>
サンタ・マリア号、ピンタ号、ニーニャー号の三隻の乗組員90名で出発。1492年10月12日、バハマ諸島のサン=サルヴァドル島(一説ではワトリング島?──1986/10/28付朝日新聞)に到達。キューバ・エスパニョラ島の沿岸を航海したのち帰国。出発前(1492年4月)の協約によって、コロンブスは発見した島島すべてを支配する副王(総督)の地位を認められる。
また、持ち帰った真珠・宝石・金銀などについてはその10分の1を獲得した。

1493年9月25日~1496年6月11日 <第2回航海>
17隻の乗組員1500名からなる大艦隊で出発しました。しかし、現地人の反乱が慢性化したため、現地人を奴隷として本国に送り返し、イザベラ女王の怒りをかうことになった。

1498年5月30日~1500年10月31日 <第3回航海>
船数6隻で出発、現地で反乱が発生したため、彼の統治能力に疑問を持たれ、本国に送還されてしまう。

1504年11月7日~1504年11月7日 <第4回航海>
船数4隻の乗組員140名で、パナマ地峡を探検するだけで空しく帰国する。その無理がたたって急速に健康を害し、1506年、他界する。

コロンブスはなみはずれて優れた航海者であったのは事実である。第1回の航海も決して無鉄砲な冒険ではなく、確実な計算に基づいた行動であった。反面、かれは行政官としては落第であったといわざるをえない。1504年、最大の理解者であったイサベル女王が死去すると、宮廷にはかれに好意を示そうとするものがいなくなった。そもそも、コロンブスの身分は「市民」でしかない。むしろ、副王たるコロンブスの存在は邪魔になるばかりであった。「航海の天才」は失意と不遇のうちに、1506年5月20日、この世を去った。
スポンサーサイト

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://historia1492.blog98.fc2.com/tb.php/76-a08dd752
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。