ヒストリア(歴史のネタ)

まさかまさか自分がblogを始めるとは・・・(苦笑)。 授業に使えそうな「歴史のネタ」を中心に書いていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

霊船メアリー・セレスト号事件と麦角菌(バッカクキン)

世界には、これまで原因不明の事件が数多く記録されている。
 1872年に起きたメアリー・セレスト号事件は多くの人に知られることになった事件だ。発見された時は、船内に水や食料は豊富にあるのに、なぜか人だけが乗っていず、船だけが海上を漂っていたという謎に満ちた事件でもあった。
 メアリー・セレスト号には、38才になる船長とその妻、2才になる娘の他、7人の乗組員、計10人が乗り込んでおり、1700樽に及ぶ原料アルコールを積んで、ニューヨークからイタリアのジェノア港へ向かっていた。しかし、発見された時は、無人の状態で、船内は朝食の最中だったらしく、食器類がテーブルの上に置かれたままであった。ゆで卵など、先が割られ食べかけのまま放置されていた。まるで、食事中に急用か何かを思い出してぶらっと席を立ち、そのままになってしまったような状態なのであった。
 船内に残された航海日誌によって、発見されるまでメアリー・セレスト号が10日間も幽霊船のように大西洋上を4百キロあまりも漂っていたということがわかった。
 その後、調査がなされたが、船そのものには致命的な損傷など見当たらず、さして沈没の危険性もあったとは思えず、どうして乗組員がその船を見捨てることになったのか、また、失踪した乗組員が、その後どういう運命となり、どこへ消えてしまったのか多くの謎を残すことになった。
大西洋上で無人で発見されたメアリー・セレスト号は、幽霊船の代名詞にもなった。
 しかし、異常が全くなかったわけでもない。救命ボートが一艘なくなっていたこと、食料倉庫が開いたままの状態で、船の前部のハッチがなくなっていたこと、船の手すりに血痕らしきものが付着していたという事実が認められたことであろうか。
 これらは、恐らく、事件に関係があると思われたが、船を遺棄させるほどのパニックが急に起こったのに違いないと推測され、いろいろな仮説が立てられることになった。
 まず、海賊に捕まって全員が連れ去られたと考える者もいたが、船の積荷は、全く失われておらず船内も整然としており、海賊による仕業とは思えなかった。次に、船員による反乱説も考えられた。しかし、船長のブリッグスは大変なクリスチャンで、人望も厚く乗員にとって不満を募らせるような人物ではなかった。それに、反乱が起こったとすれば、どうして起こした側の人間も一緒に消え失せてしまわねばならないのか。

麦角菌(バッカクキン)説
 麦角菌によって全員が錯乱状態となったのではないかと考える者もいた。麦角菌とは、ライ麦などの穀物に付着する菌だが、この菌の持つ毒素は大変強烈で、体内に入ると脳の中枢が冒されて猛烈な幻覚症状に襲われることが知られている。
 麦角菌に冒された人間は、自分が心の中でもっとも恐ろしいと思っている化け物の幻覚に襲われるのである。そのため、場合によっては、恐怖に駆られて自殺に追い立てられることもあるという。
 メアリー・セレスト号の乗員は、朝食時に麦角菌の発生したパンを食べたため、全員が発狂し、恐ろしい幻覚から逃れようとして次々と海に飛び込んだというのである。
今のように保冷技術がなかったかつての長期間航海時代,主食として積まれていた麦が麦角菌に汚染されていたために乗組員が全員幻覚に襲われて海に飛び込んだりしたということも十分に考えられる。

海上へ逃亡説
 あるいは、船の前部のハッチがなくなっていたことから、船内にメタンガスが充満したために爆発して吹っ飛んだためではないかと考えた者もいた。その爆発は朝食時に突然起きたものと思われた。その大音響に驚いた船長は、今にも船が粉々に爆発するのではないかと考え、急きょ全員にボートに乗ることを命じ、しばらく海上で様子を見ることにした。
 しかし、いくら時間が経っても、船に異常は見られず爆発の危険もなさそうに思えた。
 そこで、船に戻ろうとしたのだが、追い風を受けた船は一人でに勢いよく進み出し、いくら漕いでも追いつくことが出来なかった。そして、とうとう大西洋上に取り残される羽目になってしまった。  その後、海上を漂っているうち、大波に襲われてボートは転覆し、全員が海の藻くずと化してしまったというのである。
救命ボートに乗ったまま、大西洋上に取り残された?
 その他、神かくしにあったとか巨大イカに襲われて、全員が海中に引きずり込まれたのではないかという突飛もない説まであらわれた。しかし、どの説も想像力をかき立てる興味本位の説ばかりで納得のいくものはなかった。こうして、この不可解な事件は、真相が解明されることもなく今日に至っても謎のままなのである。
スポンサーサイト

麦角菌説について

麦角菌説について考えるため麦角について書いてみました。

  • 2008年06月20日金
  • URL
  • ペイトン薬剤師 #-
  • 編集

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://historia1492.blog98.fc2.com/tb.php/75-a05c98c3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。