ヒストリア(歴史のネタ)

まさかまさか自分がblogを始めるとは・・・(苦笑)。 授業に使えそうな「歴史のネタ」を中心に書いていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

某有名予備校の世界史講師の授業にて(4月第1回目)

先日予備校の授業を体験受講する機会がありました。有名講師でも世界史を分かりやすく伝えるのは難しいんですね。それだけに、教師の腕の見せ所でもあるんでしょうけど・・・。

『皆さん、今日からいよいよ授業がはじまります。
最初にいっておきたいんですが、日本史や地理に変更するなら今のうちです。まだ4月ですから・・・。
何でかというと、世界史は面倒くさいんだ。
日本史、地理、倫理、政治・経済と比べて、もっとも覚える単語数が多い。
しかもヨコに幅が広いんだな。ヨーロッパ、中東、東アジア、南米と。だからやるのが大変。
しかしね。大学入学後の人生で、最も役に立つのは間違いなく世界史なんだけどね。』

P.S 予備校の給料は高いというのは周知の事実。ある先生に聞いた話では、2年目にもかかわらず90分で1万円だったとか。
勿論、完全実力主義だそうです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://historia1492.blog98.fc2.com/tb.php/61-a053d268

ローマ人の物語(14)

どんな時間でも、いつでも送料無料で購入できて便利です。この巻で、とうとうローマ帝国の、いえ、ヨーロッパの歴史にとって大きなターニングポイントの一つである、キリスト教の国教化がなります。このことは、キリスト教徒にとっては喜ばしいことなのでしょうが、宗教に懐

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。