ヒストリア(歴史のネタ)

まさかまさか自分がblogを始めるとは・・・(苦笑)。 授業に使えそうな「歴史のネタ」を中心に書いていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩宿遺跡と相沢忠洋

群馬県赤城山の山麓にある岩宿遺跡は「縄文時代より古い旧石器時代」の存在を実証した記念すべき遺跡である。
終戦後の混乱期、ひとりの青年がこの赤土の関東ローム層から、小さな石片を見つけた。この発見が日本人の歴史を大きく書き換えたのだ。
発見したのは、納豆などの行商をしながら考古学に打ち込む二十歳そこそこの相沢忠洋という青年だった。
戦後の食糧難でひもじい生活を送りつつ、独学で古代への思いを追いかけていた。
運命の出会いは昭和21年(1946)年の秋。行商からの帰路、高さ2メートルの崖の赤土から、黒光りする鋭い石片を見つけた。これが古代史を書き換える前兆であった。
されに翌年、同じ崖から今度は黒曜石で作られ、鋭くとがった7㎝の槍先形の石器を発見した。彼は著書「岩宿の発見」で、「最古の土器文化よりももっと古い時代の人類の跡」を確信した、と述べている。
その後、研究者らによる発掘調査が行われ、相沢青年の確信が考古学的に立証された。
この岩宿遺跡により、日本人の起源は縄文時代ではなく、旧石器時代であることがわかったのである。そしてこの時代を「岩宿文化」「岩宿時代」と呼ぶようになった。
相沢氏の発見は単なる偶然であるまい。在野、独学ながらこつこつ蓄えた考古学の蓄積、そして古代人の証を求める執念が、黒光りする石片を呼び寄せたのだろう。

P.S そういえばミケーネ文明のアガメムノンの仮面を発見したH・シュリーマン、そしてツタンカーメンの王墓を発見したH・カーターもアマチュアの考古学者でしたね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://historia1492.blog98.fc2.com/tb.php/55-63bde2c5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。