ヒストリア(歴史のネタ)

まさかまさか自分がblogを始めるとは・・・(苦笑)。 授業に使えそうな「歴史のネタ」を中心に書いていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オランダ代表のユニフォームはなぜオレンジなのか?

オレンジはオランダ王室オレンジ家(オラニエ家)の色。
スペインからの独立戦争時にオランダ軍を指揮していたオラニエ公ウィレムの家紋の色なのだ。
オラニエ公ウィレム1世はオランダ独立戦争において中心的指導者となり、その子孫からも優れた軍事指導者を輩出して、オランダの独立と発展に貢献した。
代表のユニフォームで使われるほど今でもオラニエ公ウィレムは尊敬され続けているのだ。
とするとスペイン代表とオランダ代表の試合は因縁の対決ということになりますね。

★オランダ独立戦争(1568年~1648年)
スペイン国王フェリペ2世の専制支配に対し、貴族階級の抗議行動、聖像破壊運動が起こり、1568年ころには公然たる反乱に発展。1579年、北部ネーデルラント7州によるユトレヒト同盟が成立、1581年独立を宣言。
ウィレム1世(オラニエ公)指揮のもとに戦闘は継続され、1609年実質的な独立を達成。1648年 ウェストファリア条約によってオランダ連邦共和国が正式に成立した。
スポンサーサイト

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://historia1492.blog98.fc2.com/tb.php/39-e07607f9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。