ヒストリア(歴史のネタ)

まさかまさか自分がblogを始めるとは・・・(苦笑)。 授業に使えそうな「歴史のネタ」を中心に書いていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ワールド・オブ・ライズ』.txt

昨日、『ワールド・オブ・ライズ』 を観た。監督はR・スコット。
出演:レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ
同じCIAを描いた作品の「スパイ・ゲーム」や「リクルート」などと比べる
と、斬新さに欠け、見劣りする内容。尤もそれは好みの問題かもし
れないのだが・・。
ただ、この作品で描かれる米軍のハイテクを駆使した軍事技術は
圧巻。
監督のリドリー・スコットはインタビューで次のように述べている。

『イラクの上空には350機もの無人偵察機プレデター
(RQ-1 Predator)が存在する。おそらくイランやアフガニスタンも
同じ状況だろう。
それらが4~6時間くらい上空を飛び、そのレポートがラスベガス
近くの軍事施設に届くのだ。
地上6500mのプレデターは、地上にいる誰かのポケットに入った
小銭の音まで感知することができる。』

★プレデター(RQ-1 Predator)とはアメリカ空軍の中高度用長距離UASV要求を受け、ジェネラル・アトミックス社が開発した、無人偵察機(UAV)である。
12000メートル上空を30時間連続で飛行でき、人工衛星を経由することで、アメリカ本土から操作することも可能であるが、本機の操作にはGCS(地上誘導ステーション)が必要である。
武装バージョンのMQ-1 Predatorには、AGM-114ヘルファイアミサイル2発が搭載可能。また自衛用の対空装備としては、スティンガーの搭載が可能であり、既に2003年3月イラクにおいて、スティンガーを搭載した本機がMiG-25と交戦している。この時は、スティンガー・ミサイルは命中せず、MiGにより撃墜された。なおこれは、お互いに対空兵器を装備した有人機と無人機による初めての空中戦とされる。
1995年から使用され、アメリカのアフガニスタン侵攻、コソボ紛争、イラク戦争、イエメン、パキスタンでの戦闘でも使われた。2004年末からはイタリア空軍でも使用されている。
日本の航空自衛隊では、ミサイル防衛システムや離島防衛、領海監視などの用途で滞空時間の長いUAVを必要としている。航空自衛隊は2007年度からこの種のUAVを導入することを計画し、このRQ-1 Predatorも導入候補のひとつとして挙げられていたが。計画自体が中止されてしまった。
本機の改良型であるMQ-9 リーパーが2007年から配備されている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://historia1492.blog98.fc2.com/tb.php/295-b7079136
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。