ヒストリア(歴史のネタ)

まさかまさか自分がblogを始めるとは・・・(苦笑)。 授業に使えそうな「歴史のネタ」を中心に書いていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラジル移民から100周年.txt

ブラジルへの移民
日系ブラジル人女性日本人のブラジルへの正式な移民は、1908年に神戸港を出港した笠戸丸に始まる。当時、土地が有り余るブラジルでは農業労働者が不足しており、日本の農村は貧しく、大日本帝国政府が海外への移民を奨励したものの、1920年代に入ると、それまで最大の日本人移民の受入国であったアメリカにおける日系人に対する人種差別の激化と、それに伴う黄禍論の勃興などにより日本人移民の受け入れを実質禁止したこともあり、ブラジルが最大の日本移民受入国となった。
日本人移住者の多くは、多くの移民船の最終目的地となったサントス港を外港とするブラジル最大の都市であるサンパウロ市周辺のコーヒー農園で働き、現在もサンパウロの日本人街、リベルダージを中心とするサンパウロ周辺に日系人が多い。
第二次世界大戦ではブラジルは連合国の1国となり、枢軸国の1国の日本と国交を断絶し、ジェトゥリオ・ドルネレス・ヴァルガス大統領の命令のもと日本語新聞や日本語学校を禁止した。戦後には、在留する日系人の間で、日本の敗戦を受け入れたものと受け入れないもの同士による分裂、いわゆる「勝ち組」と「負け組」の問題が発生した。
○高い評価
戦後もアルゼンチナ丸などの移民船で移民した日本人は多い。移民総数は25万人に達し、その子孫である2世、3世は、その勤勉さと教育程度の高さから社会的地位が高い職業についているケースが多く、政・官界や経済界のみならず、医師、弁護士、教員、芸術、文化、スポーツ等を含む広範な分野に進出しており、1960年代以降に多くの日本企業がブラジルに進出した際には、これらの日系ブラジル人と、日系ブラジル人がブラジルに作り上げた「日本人は勤勉」、「日本人は信用できる」という評価が日本企業のブラジル進出と市場への浸透を容易にしたと高く評価されている。
ブラジル及びラテンアメリカ諸国全体で見ても屈指の大学とされるサンパウロ大学の学生のうち、約15パーセントが日系人の子弟であるが、1パーセントに満たない日系人の人口比からみて、それがいかに高いものかがわかる(ただし、サンパウロ州としてみれば総人口に占める日系人の比率は2パーセント強であり、サンパウロ大学の本キャンパスが所在するサンパウロ市にいたっては総人口の5パーセント強は日系人であるという点、ブラジルの中でも日系人が偏在しているサンパウロ州周辺の南東部・南部地域が他の地域に比べ高等教育を受けやすい地域でもある)。現在は4世、5世も誕生し、完全にブラジル社会に同化している。
スポンサーサイト

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://historia1492.blog98.fc2.com/tb.php/281-1f8ef716
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。