ヒストリア(歴史のネタ)

まさかまさか自分がblogを始めるとは・・・(苦笑)。 授業に使えそうな「歴史のネタ」を中心に書いていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本贔屓となったシュリーマン.txt

シュリーマンが日本を訪れたのは1865年、つまり明治維新の3年ほど前の6月であった。
彼の日本人好きが決定的になったのは、税関の役人である武士の清廉さに出会ったことである。役人は彼に荷物を開けるように求めた。シュリーマンはこれを免れるため役人に金を渡そうとする。役人は「自分は日本男児であるから、心づけにつられて義務をないがしろにするのは尊厳にもとる」とその賄賂の受け取りを拒否した。にもかかわらず、役人は最初から最後まで礼儀正しく好意的で親切だった。清国の役人の腐敗ぶりに辟易していたシュリーマンには驚きだった。
「教育はヨーロッパ以上に行き渡っている。シナを含めてアジアの他の国では女たちが完全な無知の中に放置されているのに対して、日本では、男も女も皆仮名と漢字で読み書きができる。」とシュリーマンは日本の教育制度を賞賛している。。
実際、幕末当時、日本には1万5千の寺子屋があり、武士は100%、庶民男子50%、女子20%、江戸市中で70%の識字率で、当時のロンドンの識字率30%を断然凌駕し、世界一であった。
シュリーマンは「ここでは君主がすべてであり、労働者階級は無である。にもかかわらず、この国には平和、満足感、豊かさ、完璧な秩序、そして世界のどの国にもましてよく耕された土地がある」とも述べている。
引用:文藝春秋8月号「シュリーマンと日本」但木敬一氏

★ハインリッヒ・シュリーマン(1822年1月6日 - 1890年12月26日)
①生い立ち
プロイセン王国のメックレンブルク・シュヴェリン州(現メクレンブルク=フォアポンメルン州)ノイブコウ生まれ。父エルンストはプロテスタントの説教師で、母はシュリーマンが9歳のときに死去し、叔父の家に預けられた。13歳でギムナジウムに入学するが、貧しかったため退学して商人の徒弟になった。
貧困から脱するためベネズエラ移住を志したものの、船が難破してオランダ領の島に流れ着き、オランダの貿易商社に入社した。1846年にサンクトペテルブルクに商社を設立し、翌年ロシア国籍を取得。さらにゴールドラッシュに沸くカリフォルニア州サクラメントにも商社を設立して成功を収める。クリミア戦争に際してロシアに武器を販売して巨万の富を得た。
②トロイア発見
シュリーマンらによるミケーネの調査(1885年頃)幼少のころにホメロスの『イーリアス』に感動したのが、トロイア発掘を志したきっかけであるとされている。自身の著作にそのような記述あることから、長年、信じられてきたが、近年の研究では功名心の高かったシュリーマン自身の創作にすぎないことが判明している。発掘当時は「トロイア戦争はホメロスの作り話」と言われ、トロイアの実在も疑問視されていたというのもシュリーマンの著作に見られる記述であり、実際には当時もトロイの遺跡発掘は行われていた。シュリーマンの「トロイア実在説」は、当時からして、けして荒唐無稽なものではなかった。彼は、発掘調査費を自弁するために、貿易などの事業に奔走しつつ、「イーリアス」の研究と、語学にいそしんだと、自身の著作に何度も書き、講演を繰り返した。発掘調査に必要な費用が用意できると、1856年にさっさと事業をたたみ、世界旅行に出て中国や日本を訪問した(後述)。ソルボンヌ大学やロストック大学に学んだのち、ギリシアに移住して17歳のギリシア人女性ソフィアと再婚し、トルコに発掘調査の旅にでたというのは事実だが、最初の結婚の失敗、30才も年下の女性と結婚したことによるアイデンティティ・クライシス、戦争終結による事業の見通しの暗さがトロイア遺跡発掘へのきっかけと言われる。
彼は「イーリアス」を読み込んだ結果、トロイア城はヒサルルクの丘にあると推定した。1870年に無許可でこの丘の発掘に着手し、翌年正式な許可を得て発掘調査を開始した。1873年にいわゆる「プリアモスの黄金」(トロイアの黄金)を発見し、伝説のトロイアを発見したと喧伝した。この発見により、古代ギリシアの前史時代の研究が大いに進むきっかけとなった。
彼は発掘の専門家ではなく、当時は考古学なるものの存在も皆無に等しかったため、発掘技術にも限界があった。発掘にあたって、シュリーマンはオスマン帝国政府との協定を無視し出土品を国外に持ち出したり私蔵するなどした。発見の重大性に気づいたトルコ政府が発掘の中止を命じたのに対し、イスタンブルに駐在する西欧列強の外交官を動かして再度発掘許可を出させ、トロイアの発掘を続けた。こうした不適切な発掘作業のため遺跡にはかなりの損傷がみられ、現在までドイツやアメリカの考古学者によって再発掘が続けられ、考証が進んでいる。
③ギリシア考古学の父
シュリーマンは、発掘した遺跡のうち下から2番目(現在、第2市と呼ばれる)がトロイア戦争時代のものだと推測したが、後の発掘で実際のトロイア戦争時代の遺跡は第7層A(下から7番目の層)であることが判明した。第2層は実際にはトロイア戦争時代より約1000年ほど前の時代の遺跡だった。これにより、古代ギリシャ以前に遡る文明が、エーゲ海の各地に存在していたということをも証明した。
また彼は、1876年にミケーネでアガメムノンのマスクのような豪奢な黄金を蔵した竪穴墓を発見している。1881年にトロイアの黄金をドイツ国民に寄贈してベルリンの名誉市民となった。建築家ヴィルヘルム・デルプフェルトの助力を得てトロイア発掘を継続する傍ら、1884年にはティリンスの発掘に着手。1890年、旅行先のナポリの路上で急死し、自宅のあったアテネに葬られた。
④人物・その他
音読により文章を丸暗記することで多国語を理解し、ドイツ語のほか、英語、フランス語、オランダ語、スペイン語、ポルトガル語、スウェーデン語、イタリア語、ギリシア語、ラテン語、ロシア語、アラビア語、トルコ語に詳しかった。
清国(当時の中国)に続き幕末の日本を訪れ、著作"La Chine et le Japon au temps present"の中で鋭い観察眼を披露して見せた。本書においてシュリーマンは、清とは反対に日本の文化・風俗を絶賛している。
スポンサーサイト

こんにちは

はじめまして、たそがれ半兵衛さん。
ものと言います。
シュリーマンって日本に来ていたんですね。
初めて知りました。意外なつながりにびっくりです。
それでは。

  • 2008年08月08日金
  • URL
  • もの #JalddpaA
  • 編集

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://historia1492.blog98.fc2.com/tb.php/277-d5b66431
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。