ヒストリア(歴史のネタ)

まさかまさか自分がblogを始めるとは・・・(苦笑)。 授業に使えそうな「歴史のネタ」を中心に書いていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西南戦争に西郷軍が敗れた理由.txt

西南戦争:日本史上最大の内戦
政府軍(官軍)は農家の次男坊三男坊以下の農家出身者や、商家出身者が多く、10年前までは刀を持てない人々だった。その様な軍隊に士族を中心とした薩軍が負ける訳が無いと甘く見ていた。
そして西郷隆盛が出陣すれば、前の陸軍大将・近衛都督・参議の威光を持って、熊本城は無血開城し鎮台兵は薩軍に吸収できると思っていた。
このことは幹部達の次の発言にも示されている。
・桐野利秋「熊本城は、この青竹でひとたたきごわす」
・別府晋介「別に方略ナシ、ただ一蹴して通るのみ」
・篠原国幹「このくらいの城1つ落とすのに、何の戦策も戦略もいりもはん」 
また情報戦略や資金面での差も見逃せない。薩摩軍は馬による伝言だったのに対して、政府軍は電話を利用しており正確な状況を前線から司令部に送ることができた。資金では政府軍は薩摩軍の10倍以上の資金があった。装備では新政府は近代兵器を装備していたが、西郷軍は旧式兵器と抜刀による切り込み戦術
で戦った。
職業軍人としての「武士」の時代は過ぎ、近代国家としての国民皆兵制による「兵隊」に圧倒されたのである。
刀や槍、弓は鍛錬した者が扱える武器ですが、鉄砲は誰でも一定の訓練を施せば扱うことができる。この武器の進歩は膨大な「兵力」を増やし、その数で西郷軍を圧倒できた。
太平洋戦争で日本が米国の物量に圧迫されたのに類似しているかもしれない。

☆西南戦争
①プロローグ
1877年(明治10)、西郷隆盛を中心に九州でおこされた最大で最後の士族反乱。西郷隆盛らの反乱の意図と目的については諸説あるが、一般に江戸時代の支配層である士族を中心とする国家体制の確立をもとめ、大久保利通らによる官僚支配体制の打倒をめざしたといわれている。
明治政府は、次々におこる士族反乱をおさえ、西南戦争でも全力で勝利した。しかし、大量の政府紙幣を発行してまかなった戦費の償却にくるしみ、殖産興業政策や国立銀行設置など金融制度の修正をせまられることになった。西南戦争後は、国内から軍事的脅威がなくなったため、政府の権力基盤はかたまり、反政府運動は言論を主とする自由民権運動が主流となった。
②独立国のようになった鹿児島県
西郷隆盛が鹿児島県士族ら不平士族の象徴となった背景には戊辰戦争での活躍があり、直接的には、1873年に朝鮮使節派遣をめぐって西郷ら征韓派がいっせいに政府の要職をやめた明治6年の政変がある(→ 征韓論)。西郷の帰郷後、多くの鹿児島県出身の官僚・軍人も帰郷し、彼らは各地に私学校という士族の教育・救済組織をつくり、鹿児島県は独立国のようになった。士族反乱は74年から各地で組織的な武力蜂起となったが、農民一揆と協力する考えはなく、蜂起する士族間の密接な連絡もなかった。私学校派士族たちも、同年の佐賀の乱で首謀者となった江藤新平の助力要請をことわり、76年10月にあいついでおきた神風連の乱、秋月の乱、萩の乱も傍観していた。政府からは最大の反政府勢力とみられ、極度の緊張関係におかれる。
1877年1月、反乱をおそれた政府が県内の陸軍火薬庫からひそかに兵器と弾薬をはこびだそうとして、私学校派士族たちにうばわれる事件がおきる。さらに、内部離反をねらったとみられる政府の密偵が摘発され、2月ついに西郷ら鹿児島県士族は西郷暗殺計画が発覚したことを名目に戦争を開始した。
③戦況の推移
鹿児島県から熊本鎮台へむかって北上した西郷軍に、九州各地から多くの不平士族が参加した。西郷軍は熊本城におかれた熊本鎮台を包囲、博多から南下した政府軍とはげしくたたかうが、田原(たばる)坂で敗退して防衛線をやぶられると、その後は守勢にまわり、海軍による輸送力で次々と員数をます政府軍におされることになった。
西郷軍は徴兵制による政府軍の力を軽くみていたが、彼らは新式装備でかため、とくに火力で圧倒した。西郷軍は熊本県南部から宮崎県を転戦したが、ささえきれずに6月末に解散。一部は西郷をまもって包囲をやぶり、鹿児島の城山にこもったが、9月末、西郷以下おもなものが自刃・戦死して終結した。政府陸軍は約6万人を動員して約1万7000人の死傷者をだし、西郷軍は農民からの徴募兵や不平士族隊をふくめて約4万人のうち約1万5000人の死傷者をだした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://historia1492.blog98.fc2.com/tb.php/274-028dc3ff
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。