ヒストリア(歴史のネタ)

まさかまさか自分がblogを始めるとは・・・(苦笑)。 授業に使えそうな「歴史のネタ」を中心に書いていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冊封国の義務は毎年の朝貢、中国の元号や暦の使用。そして相互の出兵。.txt

中国王朝と冊封体制
冊封(さくほう)とは、中国王朝がその周辺諸国と君臣関係を結ぶことをいう。この冊封によって、形式的に中国皇帝の臣下となった国を「冊封国」という。
冊封関係を結んだからといって、冊封国が中国の領土となるわけではないが、冊封国には毎年の朝貢、中国の元号や暦を使うことが義務づけられた。また、中国から出兵を要請された場合は、それに従い、逆に冊封国が攻撃を受けた場合は、中国に救援を求めることができた。前漢から清代まで、朝鮮をはじめ東アジアの国々のほとんどが冊封国となった。日本が5世紀以外に冊封国にならなかったのは、海を隔てていた地理的条件が第一だろう。
出典:漫画版日本の歴史(2)〔集英社文庫〕
スポンサーサイト

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://historia1492.blog98.fc2.com/tb.php/272-37cf6aa6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。