ヒストリア(歴史のネタ)

まさかまさか自分がblogを始めるとは・・・(苦笑)。 授業に使えそうな「歴史のネタ」を中心に書いていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィーン少年合唱団と神聖ローマ帝国

1498年(日本は室町時代)神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世により、宮廷礼拝堂少年聖歌隊として変声期前の少年を雇ったのが始まり。500年あまりの伝統をもつ。
創設以来オーストリア人だけで、構成されていたが第二次大戦後は次第に外国人にも門戸が徐々に開かれ始めた。
2004年の来日公演時に日本人メンバーの募集が発表され、オーディションの結果、カイ・シマダが史上初の日本人メンバーとして加わった。

☆神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世(位1493~1519)
ハプスブルク家出身のオーストリア大公。武勇に秀で立派な体躯に恵まれ、また芸術の保護者であったことから「中世最後の騎士」とされた。
ネーデルラント、スペイン、ボヘミア、ハンガリーを含む広大なハプスブルク家領の形成者。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スポンサーサイト

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://historia1492.blog98.fc2.com/tb.php/27-6bda5852
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。