ヒストリア(歴史のネタ)

まさかまさか自分がblogを始めるとは・・・(苦笑)。 授業に使えそうな「歴史のネタ」を中心に書いていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父が式部省(現在の文科省)の役人なので、ペンネームが紫式部.txt

☆紫式部☆
平安時代中期の女性作家、歌人。源氏物語の作者として有名である。中古三十六歌仙の一人。『小倉百人一首』にも「めぐりあひて 見しやそれとも わかぬまに 雲がくれにし 夜半の月かな」で入選。
藤原北家の出で、女房名は「藤式部」。「紫」の称は『源氏物語』の作中人物「紫の上」に、「式部」は父が式部大丞だったことに由来する。
①プロフィール
紫式部の本名は不明であるが、「御堂関白記」の寛弘4年正月29日の条において掌侍になったとされる記事のある「藤原香子」(かおりこ/たかこ/こうし)との説もある。但し、この説は仮定を重ねている部分も多く、推論の過程に誤りが含まれているといった批判もあり、仮定の域を出るものではない。
②略伝
紫式部石像(石山寺)越後守藤原為時の娘で、母は摂津守藤原為信女であるが、紫式部の幼少期に母を亡くしたとされる。同母の兄弟に惟規がいるほか、姉の存在も知られる。三条右大臣定方、堤中納言兼輔はともに父方の曽祖父で、一族には文辞を以って聞こえた人が多い。
幼少の頃より、当時の女性に求められる以上の才能で漢文を読みこなしたなど、才女としての逸話が多い。五十四帖にわたる大作『源氏物語』、宮仕え中の日記『紫日記』を著したというのが通説、家集『紫式部集』が伝えられる。
父・藤原為時は30代に東宮の読書役を始めとして、東宮が花山天皇になると蔵人、式部大丞と出世したが、花山天皇が出家すると失職した。10年後、一条天皇に詩を奉じた結果、越前国の受領となる。紫式部は娘時代の約2年を父の任国で過ごす。長徳四年(998年)頃、親子ほども年の差がある山城守藤原宣孝と結婚し、長保元年(999年)に一女・藤原賢子(かたいこ・けんし)(大貳三位)を儲けたが、この結婚生活は長く続かず、まもなく宣孝と死別した。寛弘二年(1005年)12月29日より、一条天皇の中宮・彰子(藤原道長の長女、のち院号宣下して上東門院)に女房兼家庭教師役として仕え、少なくとも同八年頃まで奉仕し続けたようである。
『詞花集』に収められた伊勢大輔の「いにしへの奈良の都の八重桜けふ九重ににほひぬるかな」という和歌は、宮廷に献上された八重桜を受け取り、中宮に奉る際に詠まれたものだが、『伊勢大輔集』によればこの役目は当初紫式部の役目だったものを式部が新参の大輔に譲ったものだった。
藤原実資の日記『小右記』長和2年5月25日条で「『越後守為時女』として皇太后彰子と実資の取り次ぎ役を務めた」との記述が紫式部で残された最後のものとなる。よって三条天皇の長和年間(1012年-1016年)に没したとするのが通説だが、異見もある。
なお、伝・紫式部墓が京都市北区紫野西御所田町(堀川北大路下ル西側)に残る。
現在、日本銀行D銀行券 2000円札の裏には小さな肖像画と、『源氏物語絵巻』の一部分が使用されている。
ユネスコ(国際連合教育科学文化機関=UNESCO)偉人暦に日本人として唯一人名を連ねている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://historia1492.blog98.fc2.com/tb.php/269-4c1ca919
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。