ヒストリア(歴史のネタ)

まさかまさか自分がblogを始めるとは・・・(苦笑)。 授業に使えそうな「歴史のネタ」を中心に書いていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早稲田大、九州で初めて唐津に中高一貫校…2010年度

早稲田大は6日、佐賀県唐津市に2010年4月、中高一貫校「早稲田佐賀中学・高校」(仮称)を開校すると発表した。九州・山口に早大の系列校ができるのは初めて。
 早大や市などによると、早大への入学推薦枠を50%持つ系属校で、生徒数は1080人(中学が1学年120人、高校が同240人)。男女共学で人間教育やアジアに近い立地を生かした国際教育に力を入れる。10年度の開校時に系属校化し、定員の半分程度を早大に受け入れる。
 場所は同市東城内の唐津東高跡地と同市富士見町の旧大成小跡地になる予定。名称は「大隈記念早稲田佐賀学園」となる見通し。
 早大の関係者らは数年前から、創立125年(07年)の事業の一環として、創設者の大隈重信(1838~1922年)の出身地である佐賀県内に中高一貫校をつくる計画を進めていた。
 系列校の新設は「地方の優秀な人材を早い段階から確保し、大学の活性化につなげる」(同大)狙いもある。早大は地方出身者の割合が低下傾向にあり、昨年度は在校生の6割以上が東京、神奈川、千葉、埼玉の高校出身で、九州出身者は5%だった。
(2008年6月7日 読売新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://historia1492.blog98.fc2.com/tb.php/264-d9545a76
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。