ヒストリア(歴史のネタ)

まさかまさか自分がblogを始めるとは・・・(苦笑)。 授業に使えそうな「歴史のネタ」を中心に書いていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「考え過ぎても、結局、何も変わることはありません。変わるのは動いた後だけです。」エド・はるみ(コメディアン)

彼女は女優として芽が出ず、心機一転お笑いを目指すことに。NSCの11期生として入学したときの年齢は41歳。まわりは10~20代の若者ばかり。しかし揺るぎない信念をもつ彼女にとってそんなことは関係なかった。41歳での方向転換。勇気を持って一歩踏み出すことの大切さを教えてくれる。

①エド・はるみ(1964年5月14日 - )
吉本興業所属のお笑い芸人、女優、ナレーター。
茨城県、千葉県、東京都で、幼少期から学生時代を過ごす。
明治大学文学部演劇学科卒業。身長156cm。血液型A型。
2006年4月に、NSC東京を卒業した遅咲きの超若手女芸人

②吉本総合芸能学院:略称NSC(New Star Creation)
吉本興業が1982年(東京校は1995年)に創立した、主に新人タレントを育成する目的で作られた養成所。通称はNSC(New Star Creation)である。
主な出身者として、大阪校からはダウンタウン、今田耕司、雨上がり決死隊、ナインティナイン、中川家、陣内智則、次長課長、友近など。東京校からは品川庄司、インパルス、ロバート、森三中、ハリセンボン、オリエンタルラジオらが挙げられる。しかし、スターになるのは出身者のほんの一部で、NSCに入ったからといって必ずしもタレントへの道が確約されているという訳ではない。
NSC入学の合格率は99.9%だといわれている。また数ある養成所の中でも最も厳しい養成所といわれる。
ただ、浜田雅功、東野幸治、千原ジュニア、内場勝則曰く、「金を払うだけで何も教えてくれない」とのことである。
東京校は芸人だけではなく、俳優や歌手に放送作家なども育成している。吉本興業直轄の養成所ではあるが、NSC授業料:入学金(10万円)と年間授業料(30万円)
スポンサーサイト

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://historia1492.blog98.fc2.com/tb.php/253-76169657
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。