ヒストリア(歴史のネタ)

まさかまさか自分がblogを始めるとは・・・(苦笑)。 授業に使えそうな「歴史のネタ」を中心に書いていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

村八分の語源とは?.txt

日本の村落の中で掟や秩序を破った者に対して課される消極的制裁行為についての俗称。
地域の生活における十の共同行為のうち、葬式の世話(死体を放置すると腐臭が漂う、また伝染病の原因となるため)と火事の消火活動(延焼を防ぐため)という、放置した場合他の人間に迷惑のかかる場合(二分)以外の一切の交流を絶つこと(残り八分は成人式、結婚式、出産、病気の世話、新改築の手伝い、水害時の世話、年忌法要、旅行)。
江戸時代はこれを課されると入会地などの共同所有地が使えなくなり事実上生活が出来なくなった。しかし、村落の中で掟や秩序は合法的でなくその地域の有力者の利益に沿うものも少なく無く、公平な秩序維持活動とは言えない。1909年(明治42年)の大審院判決で、村八分は脅迫あるいは名誉毀損とされた。しかしこういった村八分行為は戦後になっても存続し、戦後で有名になった事件としては1952年に静岡県富士郡上野村(現富士宮市)で起きた、参議院補欠選挙での村ぐるみの不正を告発した女子高校生が一家共々村八分にされた事件がある。
現代の日本の都市の内、新住民が多く住む地区では隣近所と疎遠なこともそれほど珍しくないが、現在でも田舎で、特に近所との連帯が必要とされる地域(農村、漁村など)では依然存在する現象で、生活不能な状態に追い込まれることもままあると言われているが、現在では脅迫罪が適用される行為といえる。
現代においては、放送禁止用語と考えられることがある。

●村八分裁判
新潟県関川村において、2004年春お盆のイワナのつかみ取り大会において「準備と後片づけでお盆をゆっくり過ごせない」と一部の村民が不参加を申し出た。 集落の有力者が「従わなければ村八分にする」と、11戸に山菜採りやゴミ収集箱の使用を禁じた。この村八分行為を受けて、村民11人は同年夏、「村八分」の停止などを求めて有力者ら3人を新潟地裁に提訴した。1審の新潟地裁新発田支部では有力者側に行為の禁止と計220万円の損害賠償を命じた。有力者は東京高裁に控訴したが、2007年10月10日東京高裁も地裁の判断を支持し、控訴を棄却した。

スポンサーサイト

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://historia1492.blog98.fc2.com/tb.php/222-918d910c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。