ヒストリア(歴史のネタ)

まさかまさか自分がblogを始めるとは・・・(苦笑)。 授業に使えそうな「歴史のネタ」を中心に書いていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Parisにおける作法とは?.txt

引用:「都と京」酒井順子
生まれて初めてパリに行ったとき-とはいっても三十歳は過ぎていたわけですが―パリに住んでいる友だちから言われたことがあります。それは「お店に入った時は必ず『ボンジュール』、出る時は『オー ルヴワール』って言った方がいいわよ」ということでした。
何でも、「日本人の観光客って、よく『パリの人って何か冷たくて嫌な感じだった』みやいなこと言うけど、そりゃ無言で店に入って無言で出て行ったりすれば冷たくもされるわよ」なのだそう。
私はフランス語を全く理解しない者なのですが、その教えだけはきっちり守りました。たとえ買う気が全く無くとも、店に出入りする時は絶対に、店の人に聞こえるように『ボンジュール』及び『オー ルヴワール』を言うようにした結果、確かに嫌な思いは一度もせずに済んだのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://historia1492.blog98.fc2.com/tb.php/213-bc35c009
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。