ヒストリア(歴史のネタ)

まさかまさか自分がblogを始めるとは・・・(苦笑)。 授業に使えそうな「歴史のネタ」を中心に書いていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キング牧師の暗殺

Martin Luther King, Jr.: I Have a Dream
http://jp.youtube.com/watch?v=iEMXaTktUfA
キング牧師の暗殺
1964年10月14日、アメリカ合衆国における人種偏見を終わらせるための非暴力抵抗運動によってノーベル平和賞受賞が決定(受賞は12月10日)。その後、ベトナム戦争反対運動にも立ち上がったが、ベトナム戦争が泥沼化して行く最中の1968年4月4日に、遊説活動中テネシー州メンフィスで"I'm over the Mountaintop"(私は山頂に達した)を遊説後、モーテルのバルコニーで40代の白人男性レイに撃たれる。弾丸は喉から脊髄に達し、病院に搬送されたが、間もなく死亡した。
キング・ジュニアの棺アメリカではキングの栄誉を称え、ロナルド・レーガン政権下の1983年より、彼の誕生日(1月15日)に近い毎年1月第3月曜日が「マーティン・ルーサー・キング・デー (Martin Luther King, Jr. Day)」として祝日になっている。なお、アメリカにおいて祝日となった故人は他にクリストファー・コロンブスとジョージ・ワシントンの2人である。
アメリカ国内において、アフリカ系アメリカ人やネイティブ・アメリカン、日系アメリカ人をはじめとする少数民族に対する人種差別は未だなくなっていないものの、運動の結果、公民権法が施行されたことによる法的側面からの人種差別撤廃の動きを、平和的な手段によって大きく前進させた意味は大きいといえる。公民権運動に携わった時期及び凶弾に倒れた際の話は、日本の中学校3年英語教科書の教材として使用されている。
「人は兄弟姉妹として共に生きていく術を学ばなければならない。さもなくば、私たちは愚か者として滅びるだろう」は、キングがメンフィスで語った言葉である。
スポンサーサイト

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://historia1492.blog98.fc2.com/tb.php/203-5ff1690d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。