ヒストリア(歴史のネタ)

まさかまさか自分がblogを始めるとは・・・(苦笑)。 授業に使えそうな「歴史のネタ」を中心に書いていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェーザレ 3―破壊の創造者 (コミック) 4月23日刊行

本邦未訳『サチェルドーテ版チェーザレ・ボルジア伝』を精査し惣領冬美が描く、華麗なるルネッサンス絵巻。
歴史の闇に葬られた最も美しき英雄チェーザレ・ボルジアの真実が甦る。新鋭ダンテ学者・原基晶が監修。

☆マキャヴェッリは『君主論』の中でチェーザレ・ボルジアこそ理想的な君主であるとした。当時のイタリアは多くの小国に分裂し、外国の圧迫を受けて混乱の最中にあったが、イタリア統一への願いから「統一を実現しうるのはいかなる君主か」を論じた。

P.S 生まれて初めて予約して買った漫画です。
  時代考証は勿論ですが、その絵の繊細で華麗なこと。
  この作品により、日本のマンガいやグラフィック・ノベルは新たな領域に足
  を踏み入れたといっても過言ではないのではないでしょうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://historia1492.blog98.fc2.com/tb.php/20-4d83e7d2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。