ヒストリア(歴史のネタ)

まさかまさか自分がblogを始めるとは・・・(苦笑)。 授業に使えそうな「歴史のネタ」を中心に書いていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大韓航空機爆破事件

1987年11月29日、イラクのバグダッドからアラブ首長国連邦のアブダビ、タイのバンコクを経由して韓国のソウルへ向う途中の大韓航空858便・ボーイング707型機(登録記号HL7406)を朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の工作員が時限爆弾で飛行中に爆破したテロ事件。
①事件概要
ボーイング707型機(同型機)韓国の捜査当局と、爆破された大韓航空機の捜索に当たったミャンマー、タイ両政府、経由地のアラブ首長国連邦の捜査によると、北朝鮮の工作員男女各1名がこの飛行機に乗り込み、時限爆弾を手荷物入れに入れたまま経由地のアブダビで降り、バンコクに向かう途中ベンガル湾上空を飛行中に時限爆弾が爆発し墜落、乗客・乗員115人全員が行方不明(死亡確定)となった。この航空機の乗客のほとんどは中近東への出稼ぎから帰る韓国人労働者だった。
なお実行犯(後述)の供述によれば、爆発物は時限装置付きのプラスチック爆弾が入った携帯ラジオと液体爆弾が入った酒ビンであるとされた。なお爆発は現地時間午前11時30分に発生したとされ、目撃証言から機体は風船が破裂したように空中分解したとされた。なお858便の遺留品は救命筏や機体の部品、乗客の手荷物とばらばらになった遺体の一部が発見されたが、搭乗者の完全な形での遺体は、他の多くの空中分解事故のケースと同様に一人も発見されず、遺体の一部がDNA解析され身元が判明した。
なお、この事件の指導・総指揮は、当時既に金日成の後継者に指名されていた朝鮮労働党書記・金正日(朝鮮民主主義人民共和国国防委員会委員長)が取ったと言われており、その主な目的は、「大韓航空機の原因不明の空中分解」によって大韓航空のみならず韓国政府の国際社会における信頼性低下を引き起こし、その結果として翌年にソウルで行われるソウルオリンピックの妨害を行うことであったと言われている。主犯者の北朝鮮当局は当然のことながら否定しているが、この事件は日本人や韓国人、レバノン人などに対する拉致問題やラングーン事件に並んで北朝鮮による国家犯罪の典型として一般的に認識されている。
②犯人逮捕の経緯
事件直後、バグダッドで搭乗して経由地のアブダビ空港で降機した不審な男女2名がいた。この2名は日本の旅券を持っており、バーレーンの空港で別の飛行機に乗り換えようとしていた。そのため日本大使館員がバーレーンの警察官とともに駆け付け、その場で旅券を確認したところ、偽造であると判明したため警察官が連行しようとした。しかし、男性はその場であらかじめ用意していたカプセル入り薬物で服毒自殺を図り死亡した。同伴の女性も自殺を図ったが一命を取りとめた。
バーレーン警察による取り調べが行われた後、女性の身柄は韓国へ引き渡され尋問が行なわれた。この女性は北朝鮮工作員の金賢姫(??? キム・ヒョンヒ)で、当初は、日本人になりすまして容疑を否認し続けたが、取調員からの「普段愛用している服のブランドは?」という質問に、韓国のブランド名を答えてしまった事から、日本人ではない事がばれ、この事をきっかけに一連の航空機爆破の犯行を認めた。
金賢姫は、「李恩恵」(??? リ・ウネ)と呼ばれる女性(日本から北朝鮮により拉致されたとされる田口八重子とみられている)に教育を受け、「蜂谷真由美」という実在の日本人名を使用し日本人になりすましていた。
偽造パスポートが日本人名義の物であり、連行時には大韓航空機爆破の犯人であることや北朝鮮の工作員であることは判明していなかったにも拘らず、日本大使館員がバーレーン政府に対して(その時点で唯一犯行が確定されていた)旅券法違反容疑で身柄引き渡しを要求せず、韓国側に身柄を渡してしまった事については、その不手際を指摘する声があった)
③その後
なお、事件後に当事国のみならず世界各国により北朝鮮への非難が巻き起こったが、北朝鮮が意図した「韓国の信頼低下」という現象は起こらず、翌1988年には無事ソウルオリンピックが開催された。
金は韓国における裁判で死刑判決を受けたものの、政治的な配慮から、事故の遺族の抗議の中で特赦された。特赦の理由については、北朝鮮当局からの強い要請によるもの、とされている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://historia1492.blog98.fc2.com/tb.php/194-bee33524
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。