ヒストリア(歴史のネタ)

まさかまさか自分がblogを始めるとは・・・(苦笑)。 授業に使えそうな「歴史のネタ」を中心に書いていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロンドンとパリを2時間15分で結ぶユーロスター.txt

ユーロスター (Eurostar)
ロンドンとリール、パリおよびブリュッセルを最高300km/hで結ぶ国際高速列車。列車はユーロトンネル(チャネルトンネル)を通って英仏海峡(ドーバー海峡)を横断し、イギリス、フランス、ベルギー各国内の高速路線を使用する。ユーロトンネルが開通した同じ年の1994年11月14日に開業した。
ユーロスターはTGVをもとにフランス・イギリス・ベルギー3国により共同開発された車両で、3カ国直通運転の為に工夫されている。尚、形式としてはクラス 373(British Rail Class 373)となっており、クラス 373の3000番台は英国、3100番台はベルギー、3200番台はフランスが所有する。しかし3200番台のうち4編成はTGVとしてパリ-リール間の短距離区間で使用されており、3300番台7編成は将来のイングランド北部・スコットランド方面への乗り入れに備え、2005年12月まで英国の鉄道会社GNERがリース契約で借り受けたものである。車両の色もGNERのコーポレートカラーであるダークブラウンに変更し、ロンドン・キングスクロス-リーズ/ヨーク間を実験的に営業運転を行っていた。しかし、航空機との競争等による採算性の問題からユーロスターの延伸は中止となった(現在はロンドン・ノースポール車両基地にて一時的に保管されている)。また、増結用寝台車として新造された"Nightstar"は結局一度も営業運転で使われること無く、カナダのVIA鉄道に売却された。
2007年11月に、イギリスの高速新線HS1(CTRL)が開業するまでは、セント・パンクラス駅ではなく、ウォータールー駅(フランス語読みでは『ワーテルロー』)に発着していた。当時は、軌道の関係(第三軌条方式)のためスピードが出せず、現在よりも数十分時間を要していた。
また、当初は一部列車についてはウォータールー発着を残す予定であったが、コスト面での折り合いが付かないため全列車がセント・パンクラス発着となった。
因みにキングスクロス駅とセント・パンクラス駅は隣同士に位置している。


★ウォータールー駅(フランス語読みでは『ワーテルロー』)
ウォータールー駅ロンドン・ウォータールー駅(Waterloo station)はロンドンサウスバンクに近いランベス地区にある主要な複合ターミナル駅である。4つの鉄道駅とバスターミナルがつながっている。全ては運賃区間のゾーン1に収まっている。 ウォータールー国際駅は現在、ロンドン側のユーロスターのターミナルとなっている。ウォータールー地下鉄駅とウォータールー・イースト駅はそれぞれウォータールー駅と隣接している。
ロンドン・ウォータールー駅はイギリスでは一番旅客数が多い駅となっている。CTRLが全線開業する2007年中にはユーロスターのターミナル駅がセント・パンクラス駅に移されるので旅客数の減少が考えられている。
ユーロスターが営業を開始してから、フランス側から駅名を改称してほしいという要求がたびたびあった。理由は、ナポレオンが戦いに敗れた地名だからである。

☆ワーテルローの戦い
1815年6月18日、イギリス・オランダ連合軍およびプロイセン軍が、フランス皇帝ナポレオン1世率いるフランス軍を破った戦いである。
英語での発音はウォータールーである。ラ・ベル・アリアンスの戦い(ラ・ベル・アリアンスのたたかい, (独)Schlacht bei Belle-Alliance)とも呼ばれる。ベルギーのラ・ベル・アリアンスを主戦場としたが、ウェリントン公により近郊のワーテルローの名を取り、このように命名された。
ナポレオンにとっては最後の戦いとなった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://historia1492.blog98.fc2.com/tb.php/190-138ed20d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。