ヒストリア(歴史のネタ)

まさかまさか自分がblogを始めるとは・・・(苦笑)。 授業に使えそうな「歴史のネタ」を中心に書いていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歩くエンサイクロペディア南方熊楠.txt

南方 熊楠(みなかた くまぐす)1867年5月18日 - 1941年12月29日博物学者、菌類学者、民俗学者。菌類学者としては動物の特徴と植物の特徴を併せ持つ粘菌の研究で知られている。主著『十二支考』『南方随筆』など。投稿論文や書簡が主な執筆対象であったため、平凡社編集による全集が刊行された。歩くエンサイクロペディア(百科事典)と呼ばれ、彼の言動や性格が奇抜で人並み外れたものであるため、後世に数々の逸話を残している。
①人物
子供の頃から、驚異的な記憶力を持つ神童だった。また常軌を逸した読書家でもあり、旧制中学入学前に『和漢三才図会』『本草綱目』『諸国名産図会』『大和本草』『太平記』を筆写し、旧制中学在学中には漢訳大蔵経を読破したとされる。彼のその学風は、ひとつの分野に関連性のある全ての学問を知ろうとする膨大なものであり、土蔵や那智山中に篭っていそしんだ研究からは、曼荼羅のような知識の網が産まれた。当時としては早い段階での、世界規模での比較人類文化学を得意とした。現代科学の方法論の見地からは、考察は粗雑であり、学問的に純化されていないとする批判もあるが、独特の宇宙観、破天荒な生き方を評価する向きもある。
彼にまつわるエピソードは膨大である。語学に堪能で19ヶ国語の言語を操ったといわれた。また、当時政府が進めていた神社合祀反対運動を起こした。今日、この運動は自然保護運動、あるいはエコロジー活動の先駆とも言われ評価されており、熊野古道が残る所以となった。
②生涯
1867年(慶応3年)、和歌山城下の橋丁に金物商を営む南方弥兵衛、スミの次男として生まれる。
1873年(明治6年)、雄小学校に入学(6歳)。すでに抜群の記憶力を発揮し、明治8年(1875年)には『和漢三才図会』を5年かけて写筆、その前後『本草綱目』『諸国名所図会』『大和本草』等も写筆。
1879年(明治12年)、和歌山中学校(現和歌山県立桐蔭高校)に入学。鳥山啓(とりやま ひらく)(軍艦マーチの作詞者としても知られている)に師事する。鳥山は生物学、天文学、和歌、漢籍、英語など広範な学識を有する博物学者であり、後に『異変弁動物図彙』、『木水魚譜』、『植物図彙』といった図鑑を著している。鳥山は熊楠をして生涯ただ1人の「先生」と言わしめ、後の人生を決定づけるような多大な影響を与えた。
1883年(明治16年)、和歌山中学校を卒業し上京。共立学校(現開成高校)に籍を置いた。当時の共立学校は大学予備門入学を目指して英語でもって主として教授する受験予備校の一校で、同じクラスメートに幸田露伴の弟の成友らもいた。この頃に世界的な植物学者バ-クレイが菌類6000点集めたと知り、それ以上の標品を採集し、図譜を作ろうと思い立った。
1884年(明治17年)9月、大学予備門に入学する。同級生には夏目漱石、正岡子規、秋山真之、寺石正路、芳賀矢一、山田美妙、本多光太郎などがいた。学業そっちのけで遺跡発掘や菌類の標本採集などに明け暮れ、翌年、落第を契機に中退。
1886年(明治19年)、渡米。はじめにサンフランシスコのパシフィック・ビジネス・カレッジに入学、半年後にミシガン州に移動し、州立農業学校に入学。1888年に同校学生との衝突等もあり退学、アナーバーに移り、同植物の観察と読書にいそしむ。1891年から、フロリダに向かい、各地で生物を調査。生活費を稼ぐために、カリニ一座というサーカス団に入り、象使いの助手としてキューバやメキシコを回って働いていたこともあるという。
1892年(明治25年)、イギリスに渡る。この時期、馬小屋に住み、極貧生活を送りながら科学雑誌『Nature』に「東洋の星座」、「ミツバチとジガバチに関する東洋の見解」、「拇印考」などの論文を投稿している。大英博物館で図書目録編纂係として職を得た。仕事の合間には考古学、人類学などの蔵書を読みふける日々が続いた。ロンドンではロンドン大学事務総長ディキンスや、ダグラス、リ-ドなどと知り合い、孫文や、高野山管長の土宜法龍の知遇を得ている。また、正式な博物館員の推薦も受けるが自由な学問を求め、断っている。
1900年(明治33年)、帰国。弟の常楠家に居候する。1901年には孫文が和歌山に来訪、歓談する。 その後、常楠家を追い出されて熊野へ向かう。勝浦、那智を渡り歩き、菌類などの調査採集を行った。
1904年(明治37年)に和歌山県田辺市に居を定める。田辺にて神社合祀反対運動を始める。合祀による社林の伐採によって、動植物学の貴重な資料である隠花植物や粘菌が絶滅することを危惧し『南方二書』を自費出版した。この運動が縁で民俗学者柳田國男と頻繁に文通をするようになる。1906年に田辺闘鶏神社宮司の四女田村松枝と結婚。1910年に長男熊弥、1911年に長女文枝誕生。
1917年(大正6年)、自宅の柿の木から新属新種となる粘菌を発見した。この粘菌はイギリスのグリエルマ・リスターによって記載され、ミナカテルラ・ロンギフィラ(Minakatella longifila、「ミナカタの小さなもの・長い糸の」の意) という学名がつけられた。今日、日本ではミナカタホコリとの和名がつけられている。
1929年(昭和4年)、昭和天皇が神島(和歌山県田辺市)に行幸をした際、熊楠は粘菌などに関する進講を行った。このとき、キャラメル箱に入れた粘菌標本を陛下に進献したエピソードはよく知られている。
後年(1962年・昭和37年)、昭和天皇は南紀白浜にて海上の神島を眺めつつ「雨にけふる 神島を見て紀伊の国 生みし南方熊楠を思ふ」と熊楠を偲ぶ歌を詠んでいる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://historia1492.blog98.fc2.com/tb.php/165-ec3d881f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。