ヒストリア(歴史のネタ)

まさかまさか自分がblogを始めるとは・・・(苦笑)。 授業に使えそうな「歴史のネタ」を中心に書いていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「敗者から見た関ヶ原合戦」三池純正著 洋泉社新書.txt

「敗者から見た関ヶ原合戦」三池純正著 洋泉社新書
 関ヶ原の合戦と言えば、万全の体制で準備をしていた家康に対し、三成はまんまとはめられて負けるべくして負けたというような語られ方をすることが多い。また三成は秀頼を利用して権力の簒奪を狙っていた野心家のようにさえ語られることもある。
しかしながらこれらはすべて、勝者から見た歴史であり、当然ながら家康にとって都合の良いように組んだ事実である。実際にこの合戦を客観的に見てみると、一般に言われていることと違う事実が見えてくるというような観点に立った著である。  この著者が挙げているポイントはいくつかあるが、まず言えるのは、三成は家康にまんまとはめられたのではなく、彼が出来る限りの最善の準備を整えた上で挙兵したということと、その戦略は家康の想像をさえ越えるものであったため、実際の関ヶ原の合戦は後に言われているような家康の余裕の勝利とはほど遠い紙一重の勝利だったというものである。  
三成がすべてを見通した上で万全の準備を整えていた証拠として、著者は小早川秀秋が陣取った松尾山をあげている。実は松尾山は合戦時には鉄壁の山城と化しており、本来はここに秀頼を要した毛利勢が入る予定であったのだという。だからこそ当初から家康に通じていた小早川秀秋は事前にこの要地を押さえにかかったのである。しかしそのような不利な事態に至っても、三成の布陣は小早川勢が寝返りの機会を逃しかけるぐらい完璧に機能したのであった。これは三成の卓越した戦略眼を物語っている。  
実際、西国の有力武将がことごとく三成側に与し、秀頼までもを押さえられてしまうような事態は家康の想定を越えていたのだという。そもそも家康と三成の力の差を考えると、三成が家康に対抗しうる軍勢を揃えられたということだけで三成の力量が並々ならぬことの証明である。
 なお上杉と三成の関係について、いわゆる事前の連絡はなかっただろうとしている。と言うのも、両者が行動した時期を見るとその余裕はありそうにないし、そもそも連絡を取り合っていたのなら、もう少し連携のやりようもあったはずであるとしている。  また三成の人となりについても、かなり肯定的に捉えている。人望がなかったかのように語られることが多い三成だが、実際には彼のために命を捨てることを厭わなかった者も少なくないし、彼の臣下や一族は最後まで善戦しているのである。また彼が私腹を肥やすことが一切なかったことは、家康でさえ認めているところであった。  
スポンサーサイト

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://historia1492.blog98.fc2.com/tb.php/156-f48c4ad9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。