ヒストリア(歴史のネタ)

まさかまさか自分がblogを始めるとは・・・(苦笑)。 授業に使えそうな「歴史のネタ」を中心に書いていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

永田 鉄山(1884年1月14日 - 1935年8月12日)

日本の陸軍軍人。統制派の中心人物。陸軍省軍務局長、参謀本部第2部長、歩兵第1旅団長を歴任し、階級は陸軍中将に至る。
略歴・人物
長野県諏訪郡上諏訪町本町出身。幼年学校、士官学校、陸大をいずれも首席で卒業する秀才ぶりで、軍務官僚として常に本流を歩み、「将来の陸軍大臣」「陸軍に永田あり」と言われる逸材だったが、陸軍内部の派閥抗争に絡んで陸軍中佐相沢三郎に暗殺される。皇道派の領袖、真崎甚三郎大将を教育総監の要職から更迭したことが暗殺の引き金となった。死亡当時、陸軍省軍務局長。
日赤諏訪病院長永田志解理の三男として生まれ、高島尋常小学校・諏訪高等小学校(現諏訪市立高島小学校)、東京牛込北町・愛日高等小学校を経て、1898年(明治31年)9月に東京陸軍幼年学校に入校する。なお、高島尋常小学校・諏訪高等小学校では「お天気博士」の愛称で知られる中央気象台長の藤原咲平と同級であり、同じく諏訪出身で岩波書店の創立者である岩波茂雄らとは生涯にわたって交友があった。
1903年(明治36年)5月に士官候補生となり兵科は歩兵に指定され、歩兵第3連隊付となる。1904年(明治37年)10月24日に陸軍士官学校を卒業し、陸軍歩兵少尉に任ぜられる。
1908年(明治41年)に陸軍大学校23期入校。1910年(明治43年)11月に陸軍大学校を首席で卒業し恩賜の軍刀を賜る。
その後、1920年(大正9年)に駐スイス大使館付駐在武官。1921年(大正10年)10月頃、陸士同期である小畑敏四郎、岡村寧次や一期下の東条英機と共に、ドイツ南部の温泉地バーデン・バーデンにおいて、陸軍の薩長閥除去を目指す「バーデン・バーデンの密約」を行なったという。
以後、麻布歩兵第3連隊長、1930年(昭和5年)に陸軍省軍事課長となる。さらに南次郎陸軍大臣の下で、国家総動員法の策定に関わる。1932年(昭和7年)に陸軍少将に任ぜられる。1934年(昭和9年)に陸軍省軍務局長となる。
1935年(昭和10年)7月15日に真崎甚三郎教育総監を更迭。同年7月19日に有末精三中佐の紹介により歩兵第41連隊付の相沢三郎中佐と面会し辞職を迫られる。同年8月12日、相沢に軍務局長室で斬殺された(相沢事件)。死亡時は陸軍少将であったが、特に陸軍中将に昇任される。墓所は東京都港区・立山墓地。
永田暗殺によって派閥抗争はいっそう激化し、後に皇道派の青年将校が二・二六事件を起こすに至る。永田の死後、永田の長年の同志であった東條英機が統制派筆頭となり石原莞爾らと対決してゆくこととなる。
企画院総裁だった鈴木貞一は戦後、「もし永田鉄山ありせば太平洋戦争は起きなかった」、「永田が生きていれば東條が出てくることもなかっただろう」と言っていた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://historia1492.blog98.fc2.com/tb.php/147-cdf9fb28
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。