ヒストリア(歴史のネタ)

まさかまさか自分がblogを始めるとは・・・(苦笑)。 授業に使えそうな「歴史のネタ」を中心に書いていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「兵士」になれなかった三島由紀夫」(杉山隆男著).txt

日本中を震撼させた衝撃の自決から37年―初めて明かされる「兵士」三島由紀夫の素顔とオビにある。面白いノンフィクションで一気に最後まで読んでしまった。
1970年11月25日の事件の衝撃は小学校時代の鮮烈な記憶のひとコマではあるが、その背景についての知識が断片的だったこともあり、本書で語られる三島と自衛隊との関係の深さ、三島の肉体の鍛錬の具体的レベル、自衛隊で受けた訓練の詳細、訓練を受ける過程で心を通わせた自衛隊員と三島の間での問答、当時の自衛隊将校の心にいまも残る三島の意味、三島夫人の雰囲気、自決当日の檄文の先見性・・・どれもが興味深かった。
本書は1960年代後半に三島と深い交流のあった自衛隊員の徹底的な取材によって書かれたもの。「ボディビルで上半身だけは鍛えた」と言われていた三島の肉体が実際にはどのくらい強靭なものだったのか(腕立て伏せなら普通の自衛隊員以上にできたとか)、三島の剣道の実力(自衛隊員の一人が「お手合わせ」をと頼み挑んだが完敗したとか)、そういう細部から立ち上がるリアリティが、一人の人物を饒舌に語るものなのだなと改めて思った。
しかし「あれから37年なのか」と思うが、本書を読み通してみて、「1970年の日本」は、同じ日本でも、今とはずいぶん違う国のような印象を受けた。考えてみれば1970年当時は終戦からまだ25年。それ以降の37年という時間のほうが遥かに長いのだから、当たり前といえば当たり前なのだが・・・。同時代を考えるのは本当に難しいものである。
以上出典は梅田望夫氏のBlogより
htt
p://d.hatena.ne.jp/umedamochio/


P.S先日ETVで城山三郎氏の特集が放映されていた。三島、城山両氏は
ジャンルは違うが、戦後日本を代表する作家である。
天皇制、国家、組織に対するスタンスの違いは、両氏の軍隊経験
の有無にあったのだろう。そういう意味で、この兵士になれなかったというタイトルは当を得ているのかもしれない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://historia1492.blog98.fc2.com/tb.php/144-dcec509a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。