ヒストリア(歴史のネタ)

まさかまさか自分がblogを始めるとは・・・(苦笑)。 授業に使えそうな「歴史のネタ」を中心に書いていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHKスペシャルドラマ『坂の上の雲』は2009年秋より放送予定

○ 司馬遼太郎の代表的長編小説「坂の上の雲」を原作として、スペシャルドラマ「坂の上の雲」を平成21年(2009年)から3年にわたって放送。
この作品はNHKが総力をあげて取り組み、国内各地・世界各国でのロケ・最新の特殊映像効果を駆使し、これまでにないスケールで制作する。
NHK30年来の悲願であり、開局以来最大級のプロジェクトに期待が寄せられている。
1回分の制作費は大河ドラマを上回る約6,000万円。

○ 「坂の上の雲」は昭和43年(1968年)から47年(1972年)にかけ、4年3か月にわたって産経新聞夕刊に連載され好評を博した作品で、司馬遼太郎が、明治という時代に立ち向かった青春群像を、10年の歳月をかけ渾身の力で書き上げた壮大な物語。

○ 主な出演者と役柄は
秋山 真之(あきやま さねゆき)・・・本木 雅弘
秋山 好古(あきやま よしふる)・・・阿部 寛
正岡 子規(まさおか しき)・・・・・・・香川 照之
正岡 律(まさおか りつ)・・・・・・・菅野 美穂

○ 放送は平成21年(2009年)から3年をかけて行う。主人公たちの少年期、青年期、壮年期という三つの時期を三部制のドラマとして描くもので、第1部が第1回~第5回、第2部が第6回~第9回、第3部が第10回~第12回と最終回の全13回・各回90分の放送になる。

補足:司馬先生ご自身は映像化に反対されていたらしいが、どんなドラマになるのか楽しみ。それまでには、今年の春に松山市に開館した坂の上の雲ミュージアムも興味津々。

★坂の上の雲ミュージアム
愛媛県松山市にある博物館で、同市が取り組んでいる司馬遼太郎の小説『坂の上の雲』を軸としたまちづくりの中心を担う施設である。
2007年(平成19年)4月28日に市内中心部の松山城を頂く城山の南裾に開館し、総工費は約30億円。設計:安藤忠雄建築研究所
壁面が傾斜しているためか、中に入ると船酔いのような症状に陥り気分が悪くなるとの指摘が地方紙に寄せれている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://historia1492.blog98.fc2.com/tb.php/122-bb8ddd96
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。