ヒストリア(歴史のネタ)

まさかまさか自分がblogを始めるとは・・・(苦笑)。 授業に使えそうな「歴史のネタ」を中心に書いていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Google、「Google Earth」に天体情報を検索・表示可能な「Sky」を実装

Googleは米時間2007年8月22日、同社の地図表示ソフトウエア「Google Earth」に星座線や惑星の動きを含めた天体情報を追加、宇宙を表示する「Sky」を実装した。
 「Sky」にアクセスするには、Google Earthのメニューの [ 表示 ] にある [ Skyに切り替える ]をクリック、表示が地球から宇宙に変わり、「Google Earth」と同様、カーソルを動かすことで宇宙を移動したり、ズームを変更したりすることが可能。
 また、7つのレイヤーが用意され、星座線や星座名、ハッブル宇宙望遠鏡による高解像度画像、月や惑星の動きなど、各項目に注目して天体情報を閲覧することができる。

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://historia1492.blog98.fc2.com/tb.php/120-b8754ed9

ハッブル宇宙望遠鏡ハッブル宇宙望遠鏡(-うちゅうぼうえんきょう、''Hubble Space Telescope''、HST)とは地上約600km上空の軌道上を周回する反射望遠鏡である。長さ13.1メートル、重さ11トン、主鏡の直径2.4メートルのいわば宇宙の天文台である。大気や天候による影響を受

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。