ヒストリア(歴史のネタ)

まさかまさか自分がblogを始めるとは・・・(苦笑)。 授業に使えそうな「歴史のネタ」を中心に書いていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK『その時歴史が動いた』の1回あたりの制作費は?

その時歴史が動いた
NHK総合テレビで放送されている歴史情報番組。2000年3月29日開始。
NHKが2006年に公開した「ジャンル別番組制作費」によると、同番組の制作費は1回につき1,650万円掛かるとのことである。

◎影響力と問題点
この番組の影響力はかなり大きく、2006年4月5日放送の「マッカーサーを叱った男 ~白洲次郎・戦後復興への挑戦~」でゲスト出演した作家・北康利の著作『白洲次郎 占領を背負った男』の売り上げがベストセラーランキング10位台に上昇したほどである。また、この番組が紹介した新解釈や新発見は大河ドラマなどの内容にも反映される。
その一方で問題点もある。毎回の放送で定説を覆すような新説を取り上げるものの、例えば長篠合戦における「武田騎馬軍団」など、誤解を招くような旧説に固執する傾向が多々ある。また、番組の性質上しかたない面もあるが、歴史のターニングポイントとは言いがたい出来事を誇張気味に取り上げることも目立つ。

P.S 歴史の教員でこの番組のお世話になってない人はいないでしょう。
  45分という時間も絶妙。欲をいえば、世界史の内容を増やして欲し
  い。過去の放送のネット配信なんていうのも期待したいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://historia1492.blog98.fc2.com/tb.php/118-a06f12ea
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。