ヒストリア(歴史のネタ)

まさかまさか自分がblogを始めるとは・・・(苦笑)。 授業に使えそうな「歴史のネタ」を中心に書いていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マサダ要塞とイスラエルの悲劇

マサダ要塞(世界遺産)
東経35度21分13秒、北緯31度18分55秒に位置する、標高約400メートルの岩山である。紀元前120年頃 要塞が建設され、後にヘロデ大王が離宮兼要塞として改修し、難攻不落と言われた。

ユダヤ戦争
70年のティトゥス率いるローマ軍によるエルサレム陥落後、熱心党員を中心としたユダヤ人967人が、エルアザル・ベン・ヤイルに率いられてマサダ要塞に立てこもり、ローマ軍15000人がこれを包囲した。ユダヤ人たちは2年近く抵抗したが、73年、ついにローマ軍によって攻め落とされた。陥落直前、ユダヤ人たちは、投降してローマの奴隷となるよりは死をと、2人の女と5人の子供を残して全員が集団自決したという。マサダ陥落によって66年以来続いたユダヤ戦争は完全に終結した。
上記の詳細は、歴史家フラウィウス・ヨセフスの『ユダヤ戦記』に記述されている。
その歴史的経緯から、現在でもなお、多くのユダヤ人にとって特別な思い入れのある場所であり、「ユダヤ人全滅の悲劇を再び繰り返してはならない」という決意から、イスラエル国防軍の入隊式がマサダ頂上で行われ、国家への忠誠を誓う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://historia1492.blog98.fc2.com/tb.php/105-31914a79
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。