ヒストリア(歴史のネタ)

まさかまさか自分がblogを始めるとは・・・(苦笑)。 授業に使えそうな「歴史のネタ」を中心に書いていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤間神宮と 「耳なし芳一」.txt

①赤間神宮 あかまじんぐう 
山口県下関市にある神社で、安徳天皇をまつる。1185年(文治元)、平氏が壇ノ浦の戦で敗北したとき、安徳天皇も平清盛の妻で祖母にあたる二位尼にだかれて入水した。赤間関(下関)紅石山麓(べにいしさんろく)の阿弥陀寺境内にほうむられてのち、91年(建久2)、後鳥羽天皇の勅令によりこの陵上に御影堂(みえいどう)が建立され、阿弥陀寺も勅願寺として厚遇された。
明治維新後、神仏分離で阿弥陀寺は廃され、御影堂は天皇社と改称した(→ 廃仏毀釈)。1875年(明治8)には官幣中社となり、地名により天皇社から赤間宮によびかえられた。さらに1940年(昭和15)、官幣大社に昇格して宮号を神宮号にあらため赤間神宮と改称した。
現在、安徳天皇の墓は阿弥陀寺陵と称され、その奥に平知盛をはじめ壇ノ浦の戦でほろんだ平氏一門の武将をまつる七盛塚がある。この七盛塚の奥に芳一堂があるが、「耳なし芳一」の伝説は同地を舞台としている。また、長門(ながと)本と称される「平家物語」や「源平合戦絵屏風」、赤間神宮文書など多数の重要文化財を所蔵している。特殊神事に、毎年5月2日から4日にかけておこなわれる先帝祭がある。

②「耳なし芳一」
阿弥陀寺に芳一という盲目の琵琶法師が住んでいた。 芳一は平家物語の弾き語りが得意で、特に壇ノ浦の段は「鬼神も涙を流す」と言われるほどの名手だった。
ある夜、和尚の留守の時、突然一人の武士が現わる。 芳一はその武士に請われて「高貴なお方」の屋敷に琵琶を弾きに行く。 盲目の芳一にはよくわからなかったが、そこには多くの貴人が集っているようであった。 壇ノ浦の戦いのくだりをと所望され、芳一が演奏を始めると皆熱心に聴き入り、芳一の芸の巧みさを誉めそやす。が、語りが佳境になるにしたがって皆声を上げてすすり泣き、激しく感動している様子で、芳一は自分の演奏への反響の大きさに内心驚く。芳一は七日七晩の演奏を頼まれ、夜ごと出かけるようになる。
和尚は目の悪い芳一が夜出かけていく事に気付いて不審に思い、寺男たちに後を付けさせた。すると芳一は一人、平家一門の墓地の中におり、平家が崇拝していた安徳天皇の墓前で無数の鬼火に囲まれて琵琶を弾き語っていた。寺の者たちは慌てて芳一を連れ帰り、和尚に問い詰められた芳一はとうとう事情を打ち明けた。これは危ない、このままでは芳一が平家の怨霊に殺されてしまうと和尚は案じたが、生憎夜は法事で芳一のそばについていてやることが出来ない。そこで法事寺の小僧と共に芳一の全身に般若心経を写し、芳一に今夜は武士が迎えに来ても返事をするな、と堅く言い含めた。
その夜、芳一が一人で座っていると、いつものように武士(平家の怨霊)が芳一を迎えに来た。 しかし経文の書かれた芳一の体は怨霊である武士には見えない。 芳一が呼ばれても返事をしないでいると、「声も聞こえない、姿も見えない。さて芳一はどこへ行ったのか……」という声が聞こえる。そして怨霊は、耳だけが闇に浮いているのを見つけ、「芳一がいないなら仕方がない。証拠に耳だけでも持って帰ろう」と、芳一の耳をもぎ取って去った。
朝になって帰宅した和尚は芳一の様子に驚き、一部始終を聞いた後に芳一に詫びた。芳一の身体に般若心経を写経した際、小僧が耳にだけ書き漏らしてしまった事が原因であった。その後怪我は手厚く治療され、この不思議な事件が世間に広まって彼は「耳なし芳一」と呼ばれるようになった。琵琶の腕前も評判になり何不自由なく暮らしたという。
一説に明石覚一検校がモデルとされている。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。