ヒストリア(歴史のネタ)

まさかまさか自分がblogを始めるとは・・・(苦笑)。 授業に使えそうな「歴史のネタ」を中心に書いていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットの時代には「知識量・記憶力」よりは「適応力・応用力」の方がずっと大切.t

学生諸君にぜひともお願いしたいのは、この手の課題にどんどんと取り組んで「新しい技術をすばやく習得して応用する」テクニックを見につけることである。知識や情報そのものはネットを探せば簡単に見つかるので、自分の脳みその中に知識を溜め込んでおく「記憶力」や「知識量」はあまり役に立たない。それよりは、必用に応じて新しい技術をすばやく検索・吸収し、実際のプログラムに応用する、という「適用力」・「応用力」のほうがずっと重要である。

参照web:Life is beautiful
http://satoshi.blogs.com/life/2007/05/post_8.html
スポンサーサイト

Googleとは何か?

社風
Google本社にあるトイレのコントロールパネルGoogleの本社社屋は "Googleplex" の愛称で親しまれている。料理人が各国の料理を提供する無料ランチ、フィットネスジムやサウナを完備したキャンパス、定期的に開催されるローラーホッケーのイベントなど充実した福利厚生サービス、オフィス内でも猫以外のペットを持ち込むのも可能で社員デスクにはおもちゃなど遊び道具を持ち込めたり、ラバライトやゴムボールがあちらこちらに置かれた独特な企業文化で知られる。また、ナスダック市場に公開するに先立ち、無料ランチを継続して提供することを宣言した。博士号を持つ者も多く、人材採用の面で学歴を非常に重視することでも知られている。
また、Googleでは、勤務時間の20%を個人のプロジェクトに割かなければならない「20 percent time」というルールがあり、そこからOrkutやGmailなどの実験的サービスが生まれている。
グーグルの社風については、自由な企業文化と肯定的にとらえる見方がある一方、子供っぽいと見られることもある。

Googleに対する批判
①検閲
中国版Googleでは検閲を行っており、「天安門事件」や「台湾」などの単語を検索しても政権に不都合なものは表示されない。また、「ダライ・ラマ14世」も禁止ワードに指定されており、チベット人の反感を買っている。米国版Googleでは表示されるが、中国国内から中国版Google以外にアクセスすることは出来なくなっている。

② グーグル八分(Google八分)
検索の際、検索エンジンスパムなどの検索妨害行為があるサイトや、各国の法律に照らし合わせてGoogleが違法と判断したサイトを、意図的に検索結果から除き、ユーザーが該当サイトのURLを検索できないようにすること、およびその対象となったサイトのこと。しかし、最近は上記のような問題がないと思われるサイトも意図的に検索結果から除外されることがあり、企業などでは検索結果が収益に大きく影響するため、死活問題となっているケースも多い。しかもグーグルは検索結果からの排除に関する基準を明確に示しておらず、不透明な手続にて行われているため、検索結果の社会的影響力に応じた責任を果たしていないというユーザーからの不満も多い。実際に検索結果から除外された企業が名誉毀損などでグーグルを訴えており、今後の裁判の行方に関心が集まっている。

現代の傭兵フランス外人部隊

1.フランス外人部隊とは? 
その起源は1830年から始まったアルジェリア征服戦争でフランス軍人の死傷が余りに多いため、国民の非難を受けることを怖れた政府が外国人部隊の起用に踏み切ったことに始まる。1831年3月10日、ルイ・フィリップ国王(オルレアン朝)が署名して成立した。このため、初期の外人部隊はアルジェリアで活躍し、その後もアルジェリアに駐屯することが多かった。そもそも外人部隊に頼る事になった元の原因は、ナポレオン戦争によるフランスの人口の激減、その後の伸び悩みに端を発していたからであった。
アルジェリア征服、インドシナ戦争、アルジェリア内戦などに外人部隊は送り込まれ、多くの外人兵が命を落としている。
現在でもフランスが海外に派兵する際には必ずといって良いほど外人部隊を送っている。 最近では、アフガン、コソボ等に派兵されてる様子。
2.入隊資格
国籍、人種、宗教に関係なく18歳以上、40歳未満の健康な男性なら入隊可能。
入隊するには各種テストに受からなければならない。
3.試験内容
①12分間走
 12分間に2800メートル以上走ること。
②健康診断
 視力から各種内臓まで検査される。視力は片目で0,3以上は欲しい。
 レーザー手術については、最近では見破られて落とされることもある らしい。1年以4.語学力 筆記テスト以外、全てフランス語か英語 で行われるので、ある程度の語学力が必要となる。相手が何を話して いるのかわからない、また、自分の意思が相手にほとんど伝わらない レベルの語学力では志願した時点で追い出されることになる。

☆フランスの外人部隊は3年間勤務するとフランスへの帰化も可能となり、15年間勤務すれば年金支給の資格も得られる。
2004年現在で、外人部隊の数は7600人。このうち日本人は35人。

サンスーシ宮殿はフリードリヒ2世、エルミタージュはエカテリーナ2世。ではクレムリンを作ったのは?

モスクワのクレムリンの原型となる城塞は12世紀に築かれたと考えられている。クレムリンが築かれた場所はモスクワ川とネグリンナヤ川の合流点に面した天然の要害であった。1366年、第4代モスクワ大公ドミトリイ・ドンスコイにより、石造りの城塞として再建された。

15世紀後半、イヴァン3世(イヴァン大帝)の治世に、イタリア人建築家により、進んだ築城術が導入され、ルネサンス風に全面改築がなされた。この時期には、代々の皇帝が戴冠式を行うことで知られるウスペンスキー寺院(1479年再建)や聖堂
が建立され、現在とほぼ同じ外観を持つに至った。

☆イヴァン3世(在位:1462年 - 1505年)
モスクワ大公国の君主。イヴァン大帝とも呼ばれる。ロシアからモンゴル・タタール勢力を最終的に駆逐し、モスクワ大公国の領土を大きく拡大して強力な統一国家をつくりあげた。
1467年にビザンティン帝国最後の皇帝コンスタンティノス11世の姪ソフィアを妻とし、ローマ帝国の継承者であることを宣言。モスクワを(ローマ、コンスタンティノープルに続く)「第3のローマ」と称した。また、ローマ帝国の双頭の鷲の紋章をモスクワ大公の紋章に加え、初めてツァーリの称号を名乗ったのもイヴァン3世である。

乗り換え検索「Google トランジット」を日本先行公開

Googleは4月23日、乗り換え検索サービス「Google トランジット」のPC向けベータ版を公開した。駅名はもちろん、東京タワーなどの施設や名所で検索することも可能。乗り換え案内だけでなく、地図上に路線ルートを表示できる。
 Google トランジットの日本語(ベータ)版は、2006年10月から携帯電話向けに開始したサービス。目的地の最寄り駅がわからない場合は、施設や名所で検索できるほか、入力した駅名が複数ある場合は、出発地と目的地の距離などの情報を分析し、適切な候補を表示する。
http://www.google.co.jp/transit

P.S こんな革新的なサービスが開始されていたとは・・・。
  この前、部活の引率で田川にある福岡県立大学に行きました。
地の果てのような所です(苦笑)。最寄りの駅名ではなく、この福
岡県立大学という大学の名前だけでも路線検索されます。おまけに
  その地図も表示される。まだ電車のみのようですが、いずれバスの
  表示もされるようになるでしょうね。

早稲田が九州・佐賀に中高一貫校を新設へ(2007/01/25)

早稲田大学(東京)傘下の中高一貫校「大隈記念・早稲田佐賀学院」(仮称)の設立を目指す早大関係者やOBら有志が25日、佐賀県唐津市を訪問し、建設候補地を同市に決めたことを伝えた。坂井俊之市長は「心から歓迎します」と全面協力を表明。有志は年度内にも学校法人設立に向けた準備財団をつくり、2009年4月開校に向けて手続きを本格化させる。
 同市を訪れたのは、新設校の学校法人理事長に就任予定の海老沢勝二・前NHK会長、石田光義・早大大学院教授ら3人。建設予定地には、早大創設者・大隈重信の生家がある佐賀市なども名乗りを上げていたが、海老沢氏は坂井市長に「(新設校の)新しい教育理念が、唐津市の立地などと一致している」と説明。具体的には(1)アジアとの近さや歴史的なつながり(2)福岡市とJRや地下鉄で直結(3)移転が決まっている高校跡地などを活用して短期間で開校できること‐などを挙げた。
 新設校は男女共学。大隈重信が示した「学の独立」などの教育理念を踏まえ、アジアに近い特性を生かして「国際化時代の中で活躍できるリーダー」を育成する。アジア各国からの留学生を受け入れる方針で、海老沢氏は自ら各国を回り、説明する考えを示した。
 計画は海老沢氏のほか、森喜朗元首相、奥島孝康・早大前総長らが進めており、準備財団を設立後、学校法人の認可を申請する予定。これを受け、早大側は新設校の卒業生を受け入れる系列校とするかどうか、正式に学内の協議に入る。
唐津市に早稲田大学の系列校となる中高一貫校の新設計画が浮上している問題で、設立準備理事会の海老沢勝二・前NHK会長らが25日、初めて公式に県内を訪れ、唐津、佐賀両市長や早大校友会「稲門会」県支部長に構想を説明、支援と理解を求めた。懸念される資金確保についても、「ある程度のめどはついている」と述べた。
海老沢氏らは、資金の確保の具体的な方法については明言を避けたが、「自治体との協力のほか、佐賀ゆかりの大手企業にも話を持ちかけており、今後は県内の有力企業にもお願いしたい」と述べ、「資金的な問題で(計画が)頓挫することはない」と説明した。
佐賀市や同支部の一部が難色を示していた唐津市への開設について、海老沢氏らは「2009年春の開校を考えると(佐賀市より)唐津市の方がスムーズにいく」と説明。福岡空港へのアクセスや、利活用が見込める土地や校舎がある点などを強調した。
中尾清一郎同支部長は「早稲田と大隈侯ゆかりの佐賀市だけでなく県全体の縁と考える。唐津への立地となれば、広くアジアの留学生にも門戸を開き、広く人材育成に寄与するものが望ましい」と理解を示し、秀島敏行佐賀市長は「残念ではあるが、市と大学のこれまで築いた関係もあり、つながりは深めていきたい」と述べた。また、坂井俊之唐津市長は「教育環境の向上や地域活性化につながる話であり、市を挙げて協力したい」と歓迎した。
今回の計画と早大本学との関係について、理事会の石田光義早大大学院教授は「われわれは決して無関係に活動しているわけではない」といい、「統一地方選後に学内世論の形成を進めていく」とした。
今後については、本年度末に開かれる県の私学審議会に構想を説明し、同時に財団法人の設立を申請。広く資金を募り、学校法人設立を目指すという。

Gmailの添付ファイルが20MBに

Google’s GMail attachment size has been doubled, from 10 MB to 20 MB, meaning you can now send bigger files in one email.
Gmailの添付ファイルの容量が10MBから20MBに増量されたそうだ。
最近はデジカメ写真を送信するにもサイズが大きかったりしますから、大きくなるのは良いかもしれません。
音楽ファイルも2曲分ぐらいは確実に添付できそうですね。

マルコ=ポーロは本当に中国に行ったのか?

『東方見聞録』によれば1271年にイラン・中央アジアを経て上都に入り、皇帝フビライ=ハンに謁見した。その後、20年間元に仕えながら中国周辺の各地を巡り、1292年、泉州からイランのイルハン朝を経て帰国したという。
1295年に始まったピサとジェノヴァ共和国との戦いのうち、捕虜となったピサ出身のルスティケロと獄中で同じ牢獄にいたことで知り合い、日本では『東方見聞録』という名でよく知られた旅行記『世界の記述』口述したという。その写本の記事はヨーロッパの人々には信じがたい壮大な内容含んでいたため、マルコ・ポーロは嘘つき呼ばわりされた。
しかし、彼の伝えたアジアの富に関する記事はよく読まれて旅行記は内容を書き加えられながら写本を重ね、大航海時代に大きな影響を与えた。
評価
①大英図書館中国部主任のフランシス・ウッドは『マルコ・ポーロは本当に中国へ行ったのか』において『東方見聞録』に紹介されていない中国の風俗が多い(万里の長城や纏足や茶の記述がない)ことなどを理由にマルコが元まで行ったことに否定的な見解を示している。
②日本のモンゴル史学者の杉山正明はマルコ・ポーロの実在に疑問を投げかけている。その理由として『東方見聞録』の写本における内容の異同が激しすぎること、モンゴル・元の記録の中にマルコを表す記録が皆無なことなどを挙げている。
ただし『東方見聞録』の中には実際にクビライの近くにいなければ到底知りえないことが数多く記載されているので、『東方見聞録』は複数のヴェネツィア商人の記録を纏めた物ではないかとも考えられる。
当時、モンゴル帝国の整備した交通網によって、ヴェネツィア商人のみならず、数多くの西欧人が帝国各地を訪れていたことが各種記録に残されている。
日本では、ヨーロッパに日本のことをジパングの名ではじめて紹介したことでもよく知られている。ここで日本は「黄金の国ジパング」と紹介されているが、
マルコ・ポーロは実際に日本には訪れておらず、中国で聞いた噂話的な話となっている。黄金の国~というのは中尊寺の金色堂についての話を聞いた処に因っている。 尚、日本人については「人を食べる」という記述もある。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

「冊封体制とは何か」 出典『貝と羊の中国人』加藤徹(文春新書)より

昔の東アジア諸国の関係は、いわばヤクザの組どうしだった。
中国の皇帝は、広域暴力団の大親分である。
本当なら、この大親分が、世界の隅々まで治めるのがスジである。
だが世界は広い。そこで中国の大親分は、辺境の地域については、地元の組の親分を、形式的に子分に認め、自分の傘下に組み入れることで満足した。
田舎のヤクザも、大親分から預かった代紋を地元でちらつかせ、
「うちの組には、あの大親分の息がかかっているんだぞ。なめたらあかんぜよ」と威張りちらした。辺境の異民族の首長が、中国の皇帝に朝貢して官位をもらい、現地を治めるお墨付きの文書を発行してもらうことを「冊封」と言った。冊封を受けた国のことを、冊封国と呼ぶ。現代風にいえば、自治領ないし属国である。
3世紀の邪馬台国の女王卑弥呼も、5世紀の倭の五王も、中国の首都まで使者を送って朝貢の礼を尽くし、皇帝から冊封を受けた。古代の東アジアでは、冊封を受けることは、国内外の豪族たちに睨みをきかせる上で、有効な方法だった。
ただ、冊封を受ける、というのは、やはり屈辱的である。そこで日本人は、聖徳太子のときから外交方針を変更し、中国に対等の国交を要求するようになった。
西暦607年、遣唐使として中国に渡った小野妹子は、隋の煬帝に、「日出づる国の処の天子、書を日没する処の天子に致す。恙なきや」云々の国書を渡した。
これは、日本の天皇と中国の皇帝は対等である、という意思表示だった。以後、明の建文帝に朝貢して、「日本国王」の冊封を受けた足利義満を唯一の例外として、日本人は、中国の属国となることを拒否した。
東アジアで、日本ほど見事な対中外交を貫いた国は、他にない。

テキストエディタのフリーソフトの「TeraPad」

テキストエディタとはいわゆる「メモ帳」の事であり、文章を書く際に非常に重宝するツール。
フォントの大きさも変えられるし、印刷プレビューもできる。おまけに
ワードと比べて軽いのでサクサク書けます。
http://www.vector.co.jp/soft/win95/writing/se104390.html

ビジネスでも使える手書き風のフォント「Y.OzFont」

中間考査の作問中にN先生より教えて貰ったフリーソフト。
MS明朝はビジネスライクで冷たい。
一方、この手書き風のフォントは手書きの温かさと誠実さを感じさせる端正な字体。しかもカジュアルすぎないのでビジネスにも使えそう。
インストールすれば、ワードやテキストエディタでもすぐ使えるのも便利至極。
今後は、考査問題も授業プリントもすべてこれでいこうかと考えております。
http://yozvox.web.infoseek.co.jp/

iPhone発売は6月11日

Appleの最高経営責任者(CEO)Steve Jobs氏は2007年1月のMacworld Expoで携帯端末「iPhone」を発表した際、発売は6月になると述べた。しかし、これ以上詳細な日付は今日まで明らかにされてこなかった。
 こうした状況のなか、Cingularが発売日が6月11日になることを認めた。Cingularのカスタマーサービスでマネージャーを務める人物が米国時間3月29日、電話で認めた(CNET News.comではCingularの無料電話番号に電話し、そこから転送された先の営業部門から情報を聞き出した)。もっとも、この人物はこれ以上に詳しい情報は提供してくれなかった。
 6月11日は、Appleがサンフランシスコで開催する年次イベント「Worldwide Developers Conference 2007(WWDC 2007)」の初日にもあたる(Appleは15日まで開催されるWWDC 2007において、第2四半期に出荷予定の次期Mac OS X「Leopard」に関するセッショントラックなどを設けている)。

映画『グラディエーター』の若き皇帝のモデルは?

コンモドゥス(在位期間180年 - 192年 )
ローマ皇帝である。マルクス=アウレリウス=アントニヌスの子。しばしばローマ帝国史上最悪の皇帝のひとりとして言及される。コンモドゥスの登場により、いわゆる五賢帝の時代は終わりを告げた。
哲人皇帝といわれた父と違い、息子であるコンモドゥスは国政を省みず、皇帝自ら円形闘技場で剣闘士試合に参加していたという。ギリシア神話の英雄ヘラクレスに扮し、1万2千人の剣闘士を殺害した。またある都市では、市民の一人がコンモドゥスを敵意あるまなざしで見たという理由で、市民を虐殺させた。
192年、コンモドゥスは寝ているところを暗殺された。その翌日、コンモドゥスは剣闘士の装束で元老院へ行く計画を立てていたのである・・・。
映画『グラディエーター』(2000年)はコンモドゥスをモデルにして作られている。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

親指を下げると「bad」というゼスチャーの起源はローマのコロッセウム(円形闘技場)にあり。

下品なジェスチャーとしてよくハリウッド映画で見かける握った手で親指だけ伸ばして下に向けるゼスチャー。意味は「bad」。
握った手で親指だけ伸ばして上に向けると「good」。
これの起源はコロッセウムにあった。古代ローマ華やかなりし頃の最大の残酷娯楽建築物。そこで行われる剣闘士の試合。片方が死ねばもちろん試合は終わるが、負傷したとかその他何らかの理由で片がついたとき、観客がその命運を握ってた。闘いっぷりが気に入られれば親指を立て命乞いをしてもらい、みっともないと思われると親指を下に向けて処刑を叫ばれた。
最終的には命運は試合の興行主(多くは全能の力を持つ皇帝)に委ねられていたのである。

古代ローマの剣闘士(英語名グラディエーター)

剣闘士となるのは主に戦争で捕獲した捕虜や奴隷が主であったため、剣の奴隷、即ち剣奴ともよばれた。しかし全てがそうであったわけではなく、ローマ市民の中から志願して剣闘士となる者も存在した。戦士共同体社会から出発したローマでは高貴とされる人々の間でも戦いへの関心が高く、元老院議員の子弟や騎士階級に属するものでも剣闘士試合に出場することがあった。
コンモドゥス(マルクス=アウレリウス=アントニヌスの子)はじめ幾人かの皇帝がこの剣闘士競技の試合に出場することもあったという。 帝政期に入ると死罪に相当する罪人が剣闘士試合に出場させられ、見世物としてローマ市民に供されることもでてきた。
剣闘士の戦いは1対1で行われるのが基本だが、時には複数の人間でコンビを結成して戦われることもあった。 試合の敗者が死者となるとは限らない。降参をした敗者は観客に命乞いを行い、観客はそれに対して「殺せ」「助命しろ」と叫ぶ。 さらにその際に拳を振り上げ親指を上か下かに向けたとも言われる。 剣闘士の戦いが勇敢で観客を満足させるものであれば助命され、逆に臆病な戦い方をしていた敗者には観客は冷酷に死を与えることを望んだ。 主催者(多くの場合皇帝)は観客の声に耳をかたむけて最終的な裁定をくだしたという。剣闘士は死ぬまで一生戦わされるということはなく、幾つかの戦いを経て生き残った剣闘士は引退が許され奴隷身分から解放された。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

オランダ代表のユニフォームはなぜオレンジなのか?

オレンジはオランダ王室オレンジ家(オラニエ家)の色。
スペインからの独立戦争時にオランダ軍を指揮していたオラニエ公ウィレムの家紋の色なのだ。
オラニエ公ウィレム1世はオランダ独立戦争において中心的指導者となり、その子孫からも優れた軍事指導者を輩出して、オランダの独立と発展に貢献した。
代表のユニフォームで使われるほど今でもオラニエ公ウィレムは尊敬され続けているのだ。
とするとスペイン代表とオランダ代表の試合は因縁の対決ということになりますね。

★オランダ独立戦争(1568年~1648年)
スペイン国王フェリペ2世の専制支配に対し、貴族階級の抗議行動、聖像破壊運動が起こり、1568年ころには公然たる反乱に発展。1579年、北部ネーデルラント7州によるユトレヒト同盟が成立、1581年独立を宣言。
ウィレム1世(オラニエ公)指揮のもとに戦闘は継続され、1609年実質的な独立を達成。1648年 ウェストファリア条約によってオランダ連邦共和国が正式に成立した。

健闘のソフトバンク、「ホワイトプラン」は諸刃の剣か?

今回、3社のなかで注目すべきはやはりソフトバンクの動向だろう。携帯電話事業の営業利益は、旧ボーダフォン時代に比べて、76.4%増の1346億円を達成。買収前の懸念であった1兆4500億円の投資負担もリファイナンスを完了した。年間純増数では前年度の約4倍を達成し、CM好感度総合ナンバー1を獲得するなどブランド力も付けてきている。
 1月に開始した月額980円の「ホワイトプラン」は、5月3日で400万契約を突破した。9日に発表された4月の契約純増数は16万3600件とKDDIの24万9400件に次ぐ数字となっている。また4月は番号継続(ポータビリティー)制度が始まってから続いていた他社への流出傾向を脱し、流入(ポートイン)が流出(ポートアウト)をかろうじてながら4700件上回った。
 決算会見で孫正義社長は、「ボーダフォン買収は成功だったか? 答えは間違いなくイエスだ」と自信を持って答えた。それを裏付ける数字が並んだ。
 当初「草刈り場」とも言われていたにもかかわらず健闘している要因としては、ホワイトプランの「月額980円」という割安感で新規契約者を引きつけただけでなく、割賦販売制の「新スーパーボーナス」によって堅実な営業基盤を築けたことが大きいだろう。

 ソフトバンクは新スーパーボーナスを導入したことにより、06年度の第2四半期以前は4万円台で推移していた顧客獲得手数料の平均単価を、第3四半期以降は2万円台へと大幅に減らすことができた。さらには契約年数を2年以上拘束することができるので、端末利用期間の長期化と解約率の低下が期待できる。

 他社が番号ポータビリティー商戦で販売奨励金を上積みし、営業費用の増加で苦しむなか、ソフトバンクは新スーパーボーナスによって、顧客獲得手数料の削減に成功したといえそうだ。

<拡大>

1月に発表したホワイトプランは急速に加入者を増やしている
 ただ、ホワイトプランの急速な広がりは、ソフトバンクにとって「諸刃の剣」となる心配もある。「ホワイトプラン」は3月31日に300万加入を超えたが、そこからわずか1カ月で400万件を突破した。今ではソフトバンクの全契約数の4分の1を占めるまでになった。ホワイトプランは、契約すれば多くのユーザーが「月々の支払額が下がった」と実感できる魅力的なプランだが、当然のことながらキャリアにとってみればそれだけ収入が減ってしまう。
 06年度第4四半期のARPU(加入者ひとりあたりの平均収入)は5210円で、第3四半期から比べると350円減少した程度にとどまったが、ホワイトプランが広まればさらにARPUが減っていく可能性がある。
 ソフトバンクは、「ヤフー!BB ADSL」において、導入初期は2707円という低価格なサービスでユーザーを獲得しつつ、付加サービスを提供していくことで、ARPUを4359円までに増加させたという成功体験がある。今後は、ヤフーの検索サービスやオークション、動画配信などグループ内にあるサービスとコンテンツでいかにARPUを向上させていくかが重要になってくる。
 春商戦を振り返ってみても、料金プランの訴求力と端末開発力は目を見張るものがある。ただし、新たにユーザーを引っ張ってくるほどの独自サービスは乏しかった。買収から1年以上が経過する今年の後半以降、独自サービスとうまく連携した端末が登場するようになれば、ソフトバンクがさらに躍進する可能性が出てくる。
 孫社長は8日の決算会見で、「携帯電話事業は、『十年戦争』と言えるくらい長い戦いと覚悟している。一喜一憂はできないが、グループの総力を結集し、不退転の覚悟で着実にこの事業を伸ばしていきたい」と語るなど、数年後を見据えた戦略を着々と実行しているようにも見えた。

ハワイ島とオアフ島。大きいのはどちら?

○ハワイ島
ハワイで最大の島であることからBig Islandとも呼ばれ、その面積は10,458 km2、日本の四国の約半分程度である。
ハワイ火山国立公園があるのはこちら。

◎オアフ島
ハワイ諸島のうちの一つの島であり、3番目に大きい島。
オアフ島は、ハワイ州の中で一番人口が多く、州全体の8割がこの島に住んでいる。また州政府庁もこの島にあり、政治、経済、また観光の中心となっている。島の南岸東寄りのホノルルに主要施設は集中している。ホノルル国際空港や港湾もここにあり、ハワイ島ほかの隣島への乗り継ぎの拠点となっている。(ハワイ島のコナ国際空港へは米国本土、また日本からの直行便(JAL系)も運航されているほか、マウイ島のKahului(カフルイ)空港へも米国本土からの航空便がある)市の東部のワイキキにはホテル・コンドミニアムやショッピングセンター等が林立し、世界有数のリゾート地帯となっている。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Linkin Park “What I've Done”

http://www.youtube.com/watch?v=paIf4DBM6QI
Album Description
"Minutes to Midnight" is rock's most anticipated album of the year. This album redefines one of today's most adventurous, accomplished and acclaimed bands.

アルファブロガー

http://www.youtube.com/watch?v=wP9IRJ6kta8&eurl=http%3A%2F%2Fblog%2Emantiddesign%2Ecom%2F2007%2F05%2Fwe
私はマイナーブロガーで細々と続けようかな(苦笑)

iGooglその②

地域別の天気予報
http://bellks.com/google/#local
※このコンテンツを追加した後、▼ボタンを押せば天気を
 何日分表示かをカスタマイズでき、週間天気予報にも
 できるのが凄い。
P.S Google addictionになりそうです(苦笑)。
  もっと便利なガジェットがあるんだろうけど時間が・・・。
  ご参考までにhttp://q.hatena.ne.jp/1178111459

姜尚中氏がデューラーの自画像から示唆を得たこと

『人間は悩むことを通じてしか自分が見えてこない。
自分が見えなければ世界が見えない。』 姜尚中氏

1979年、姜尚中さんは、政治思想史を志して西ドイツに留学した。しかし実は、この留学は国外脱出のようなものだった。当時の姜さんは、日本での展望もなく、自分は一体何者で、どう生きていったらいいのか、立つべき拠り所を失っていたという。そんな若き姜さんの思い出の中に、決定的な役割を果たす一枚の絵がある。ミュンヘンのその展示室に足を踏みいれた途端、「ほの暗いなかに、そこだけ訴えるような、見えない電磁波みたいなものを感じた」。それがデューラーの『1500年の自画像』だった。 粛々として、慎ましやかな顔。懐疑のない、清澄なまなざし。『1500年の自画像』は、ひとつの信念に到達した人間の心境を、問わず語りに伝えてくるようだった。「デューラーは自分を見出した。その目には世界が見えている。だから、僕の魂も彼によって見透かされている。デューラーの自画像を通して、今の自分の自画像を問われているようだった」。 思えば、『1500年の自画像』を描いたときデューラーは28歳、それに出会ったときの姜さんもほぼ同い年だった。自分の正体が何であるか、自分は何を天職として生きていくのか。姜さんは、デューラーの自画像と出会ったことで、自らの生き方を見出していく。デューラーが生きた時代、ヨーロッパは内戦状態といっていい混沌の中にあった。不安と不信が満ち溢れる世界で、自分を見失わなかったデューラーのように、どんなに暗い時代でも、最後まで希望と信仰を失わない健全な人間でいることは可能なのではないか。先の見えない状況の中で、人間はどのように自己を律し、他に働きかけることが出来るのか。姜さんの今日の生き方の源泉こそ、この500年前に描かれた自画像だった。

オランダ東インド会社(略称VOC)

1602年3月20日にオランダで設立され、世界初の株式会社といわれる。会社といっても商業活動のみでなく、条約の締結権・軍隊の交戦権・植民地経営権など喜望峰以東における諸種の特権を与えられ、アジアでの交易や植民に従事し、一大海上帝国を築いた。
オランダはスペイン王フェリペ2世の圧政に耐えかねて1581年に独立したばかりの若い国であった。
1594年の春、スペインとの戦争から逃れてアントワープから避難してきた裕福な9人の商人が、VOCの生みの親である。彼等はバルト海沿岸貿易で得た資金と精度の高い情報を頼りに、自ら船を建造しアジアから直接胡椒を輸入する計画を実行に移そうとする。 しかし航海は嵐で遭難したり、海賊(英国船)に襲われたりする可能性が高く失敗したら大損害であった。
そこで9人は「船の建造費、および利益配当支払い前に総売上の 1%を仕事の見返りに受け取る」というシステムを考えだした。
そして新会社の役員となり仲間に投資を呼掛け、出資者を募る事によってリスク分散しようとした。世界初の株式会社の誕生である。スペインやポルトガルが国王の富によって海洋国家として台頭したのとは異なり、オランダは小国なので、民間から資金を集める必要があったのだ。
そして彼らが派遣した艦隊が東南アジアに到達したのは1596年。
 航海成功のニュースに沸き立つオランダ本国は、東方航海のための会社がいくつも作られ、何十隻もの船が一斉に東南アジアに殺到する。そのためかえって過当競争に陥り、仕入値は高騰し、ヨーロッパでの売値は下落して、全く利益のでない状態になった。
これを見かねた国家主席マウリッツ公が仲介に乗りだし、6つの会社が合併する。この合併によって誕生したのが VOC、つまり「連合オランダ東インド会社」なのある。

iGoogle

Googleが提供する、自分で自由にカスタマイズできるポータルサイト「Google パーソナライズドホームページ」が新機能を追加し、名称を「iGoogle」に変更、大幅にリニューアルされ注目を集めている。
「iGoogle」では、テーマと地域情報を選択することができる。「シティ」「ビーチ」「シーズン」」「スイートドリーム」「ティーハウス」といったテーマの中から、自分の好きなものを選ぶと、背景や文字の色がテーマに併せて変化する。また、地域情報を選んでいると、時間帯によって背景が変化するようになっている。
もうひとつの特徴である「Google Gadget」では、あらかじめ用意されたテンプレートを選ぶだけで、HTMLなどの専門知識を使わずに自分だけのツールを作成することができる。
ブログ界では「便利で使いやすい」といった声や、リニューアルに関する話題などが語られている。

明日より、BS1で「アジア大回廊」放映

BS1特集「アジア大回廊~中国からパキスタンへ2万キロを行く~」
全4回シリーズ 5月 4日(金)午後7:10~午後8:00放映開始
幾多の戦火と紛争により長く分断されてきたアジアの道。今、中国・東南アジア・南アジアを結ぶ幹線道路が次々と修復・建設され、人と物との新しい流れが生まれている。物流の大動脈「アジア大回廊」、中国からパキスタンまで10か国、2万キロを旅しながら、国境や民族の壁を乗り越えて躍動するアジアの今を描く5回シリーズ。1回目は上海を出発。世界最大級の交易市場がある義烏を経て雲南省の商都昆明まで中国南部を横断する。

なにがメディチ家を芸術の保護へと向かわせたのか?

花の都フィレンツェのメディチ家は、14世紀末に銀行を創設し、ローマ教皇庁の財務を担うことで、急速に発展を遂げた。
豊富な資金力を武器に政治への関与を深め、フィレンツェの実質的な独裁者へと登りつめた。
そこでメディチ家は、彫刻家ドナテッロ、ミケランジェロ、画家ボッティチェッリ、ダヴィンチなどを保護し、ルネサンス芸術の隆盛に大きく寄与したのである。
しかしなにがメディチ家を芸術の保護へと向かわせたのか?
15世紀のキリスト教世界では、利息を取ることは最も大きな罪と考えられていた。
これは1215年第4回ラテラノ公会議において教皇インノケンティウス3世はキリスト教徒が利息を取って金を貸すことを厳しく禁止したことに由来する。一方この会議で農業や商売につくこと禁じられたユダヤ人にとっては金貸し業が選択の余地のない職業となった。
このようなキリスト教的な価値観が定着していた15世紀、銀行家や富裕な商人は、建物や絵画や彫刻を教会に寄進して、罪を購おうとした。その代表がメディチ家だったのである。
参照「メディチ・マネー」―ルネサンス芸術を生んだ金融ビジネスティム・パークス (著)

P.Sそういえば映画「ハンニバル」の前半の舞台はおもにフィレンツェでしたね。
監督R・スコットの暗くブルーな色調がその街並みをより、奇麗にしてました。

Wikipediaのケータイ版を無料で提供

辞書サイトのエア、Wikipediaのケータイ版を無料で提供
2007/04/27 23:29
辞書サイト運営のエアは4月27日、フリー百科事典「Wikipedia(ウィキペディア)」のケータイ版「WikiMo(ウィキモ)」(http://wikimo.jp/)を無料で提供開始したと発表した。
WikiMoはWikipediaに収録される情報約36万語のうち、約26万語の情報検索が可能。国内主要4キャリアの絵文字を含め完全対応しているという。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。