ヒストリア(歴史のネタ)

まさかまさか自分がblogを始めるとは・・・(苦笑)。 授業に使えそうな「歴史のネタ」を中心に書いていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガリバー旅行記と「天空の城ラピュタ」

ジョナサン・スウィフトの「ガリバー旅行記」の第3部に空飛ぶ島ラピュータの物語がある。これをネタとして作られたのが宮崎監督の「天空の城ラピュタ」らしい。確かにスイフトの第3部には自然科学研究の行き過ぎへの風刺が見られるので映画のラピュタと同じテーマですね。 しかしながら映画の話の大半は宮崎監督のオリジナルのよう。 Wikipediaによれば製作が始まる前の1985年5月、宮崎監督ははイギリス・ウェールズをロケハンで訪れており、そこで見た風景が本作でも活かされているとのこと。 以前雑誌で海賊のドーラのモデルは宮崎監督の母親であるというのを読んだことがあります。そのドーラには長男シャルル、次男ルイ、三男アンリという息子達がいるが、この3人の名前はヴァロワ朝とブルボン朝フランス国王名ですね。
このあたりは、フランス史の授業の時の小ネタに使えるかな。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。