ヒストリア(歴史のネタ)

まさかまさか自分がblogを始めるとは・・・(苦笑)。 授業に使えそうな「歴史のネタ」を中心に書いていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九重“夢”大吊橋.txt

九重“夢”大吊橋(ここのえ“ゆめ“おおつりはし)は大分県玖珠郡九重町にある歩行者専用の吊り橋。日本一高く長い歩行者専用橋である。
概要
2006年10月30日に開通。高さ173m(水面より)、長さ390mで、歩行者専用橋としては日本一の高さと長さである。なお、「世界一の専用歩道橋」としてギネスブックへの登録申請も行われたが、これは認められなかった。幅員は1.5mで、大人1,800人の荷重に耐えるように設計されている。中央部の床版はすのこ状のグレーチングになっていて、下を見ることができる。
橋からは、日本の滝百選の震動の滝や、紅葉の美しい九酔渓(鳴子川渓谷)の雄大な景色を望むことができる。
開通が紅葉の時期にあたったこともあり、入場者は、開通9日後に10万人を超え、開通からわずか24日後に年間目標の30万人を達成した。その後、翌2007年4月10日には100万人を突破し記念セレモニーが行われた。同年9月16日には200万人、2008年4月4日には300万人を達成。これにともなって、入場料収入も順調で、総事業費約20億円のうち、7億3000万円の地域再生事業債は、予定より8年早く2008年9月に完済の予定である。
大分県では平成の大合併により町村数が47からわずか4に激減したが、九重町では他の自治体と合併せず「自律のまち」を目指しており、この橋は町の観光振興計画の柱となっている。現在のところ、入場者数は予想を大きく上回っているものの、観光客の町内での滞在時間が短いため、今後は、いかにして滞在型の観光地を形成していくかが課題である。町では好調な入場料収入を利用した施設の充実などに力を入れている。
スポンサーサイト

浜野浦の棚田(玄海町)

維持・保全・利活用状況
集落による農道・水路の整備清掃をおこない、特に雨期前には、危険個所水路の清掃等水田の維持管理を行っている。また、若年農業従事者の減少や緊急生産調整推進対策が推進される中において、転作田の耕起・水張りを行い国土環境の保全と美しい景観の維持に努めている。
本地区においては、地域住民と玄海町とが一体となり、棚田の維持・保全に努め、棚田景観を地域資源として有効に活用していくさらなる取り組みが検討されている。

推薦理由 景観:「棚田形状の美しさ」本地区では、玄界灘に面した海岸から駆け上がる階段のように、斜面 を幾重にも連なる棚田が覆い、時刻や天候によって自然の景色を映し出されている。特に、4月下旬から5月中旬の代かき、田植え後、夕日がオレンジ色に染まり海と水田と畦道が描く造形美は、実に素晴らしい。また、本地区は、「平成5年度美しい日本のむら景観コンテスト(農林水産省主催)」において、むらづくり対策推進本部長賞を受賞した景勝地で、他県、他市町村からのカメラマニアの絶好のキャンバスとなっている。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。